« ココロホグシテ | トップページ | コウゲンドライブ »

2009/07/14

ウリワリ

えむいなです。最近すっかり遅れて更新が標準になっている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。ではユメハレ土曜日の出来事です。

・・・なんのこっちゃ。

ここ最近の土曜日のだらけ具合は目に余るものがありますが、約2週間ぶりにスーパーデュークでお出かけです。まあ、お昼に起床だったですが・・・。

国道367号鯖街道を北上します。鯖街道に入るまでの京都市内での信号待ちは、結構スタミナ使いました。すでにこの時期で、もう水温表示のバーがあと1目盛りでマックスです。去年の夏は一瞬マックス振り切ったことがありましたが・・・。これからの渋滞は特に避けたいところです。「里の駅 大原」で水分補給。

R0020536

さて鯖街道に入って走り始めると山間の道と言うこともあり、わりかし快適なクルージング。と言ってもシートとおしりに挟まれたところはじっとり汗かいてるんですがね。道の駅 くつき新本陣でトイレ休憩。まだ結構バイクの人たちいました。

R0020537

国道303号から国道27号を西に入って1キロほど。

R0020538

福井県は若狭町にある瓜割の滝にやってきました。

R0020541

水の冷たさで瓜が自然に割れたとの故事からその名で呼ばれており、日本名水百選にも数えられています。また「なんとか百選」の一つに巡り会いました。

R0020542

R0020551

この水質水温でのみ生育するめずらしい紅藻類(ヒルデンブリンチアリブラリス)が繁殖していて、水中の石が赤く染まっています。

R0020544

さすが瓜割と言われるだけのことはあり、この時期でもとても冷たい水が湧き出ています。ちめたくて気持ちいいー。

R0020545

「滝」。と言うにはかなり小ぶりですが。元々この周辺は「水の森」と呼ばれているそうです。駐車場から滝までは300メートルくらいしか離れていませんが、そこに近づいただけでひんやりとした空気に包まれます。修験者の修行地でもあり、かつて朝廷の雨乞いを司る祈祷所だったというのも頷けます。

R0020547

駐車場近くのお土産物やさんで、その冷たい瓜割水に冷やされた「くずまんじゅう」をば。

R0020566

R0020568

よく冷えてて口の中でちゅるんととろけます。

R0020569

居合わせた観光客が乗ってきた、なにわナンバーの観光バス。すごいネーミングのツアーだな(笑)。

R0020570

国道27号を西に。道の駅 シーサイド高浜でトイレ休憩。

R0020572

R0020573

舞鶴から南に下る27号に従いながら歩を進めるも、ふっと突然京都府道1号に進路変更。

あやべ温泉にやってきました。

R0020579

二王の湯で、昼間たっぷりかいた汗を流します。露天風呂からは、綾部上林の自然を展望できます。

風呂上がりにここで夕食にしました。ノンアルコールビール。390円。

R0020585

上林鶏の生姜焼定食。840円。鶏肉の生姜焼は珍しいですかね。あっさりした味付けでした。

R0020586

一品もので、上林鶏の唐揚げ。680円。本当は砂ずりが欲しかったんですが、売り切れだったので。定食を生姜焼にしようか唐揚げにしようか迷ったので結果オーライか。結構お腹いっぱいになりましたが、上林の地鶏を堪能できました。

R0020587

再び27号に戻ったあとは給油を済ませ、国道173号、国道9号とゆったり下道で。夜道で視界が狭まり疲労度が高まりますが、まあへたはへたなりに流すことができたかな。

本当のことを言うと、だいたいのルートは決めていたものの出発する前日までは違う目的でした。結局目的は果たせずで、実は瓜割の滝もあやべ温泉も行き当たりばったり。まあ、昼過ぎ出発とかしてることがそもそもの敗因なのですが。でもそれなりに楽しめたし、これはこれでよかったのかな。

バイクでだしもちろん三脚なんか持って行ってなかったのですが、Caplio GX100を地面に置いてシャッタースピード遅くしたら何とか滝の流れが綺麗に撮れました。

R0020552

|

« ココロホグシテ | トップページ | コウゲンドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウリワリ:

« ココロホグシテ | トップページ | コウゲンドライブ »