« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

1ネンテンケン

今日はSUPERDUKEの1年点検出しに行ってきました。すったもんだがあり少し遅くなりなりましたが。

今回から新しいディーラーさんにお世話になります。これまでの次に近い所は伊丹市か近江八幡市のどちらかになります。どうしようか迷ったのですが、近江八幡の方にお願いすることにしました。特にお店に理由があるわけではなく、自分ちからどちらも同じくらいの距離なので、どうせなら道中ツーリングがてら楽しめる方にと言う安直な考えから。伊丹の方も国道171号沿いにあって便利は便利なんだけど、交通量的な理由で。

今日は午後からはさっぱりと晴れました。近江八幡の方は国道8号沿いにあるので、普通に行けば国道1号から国道8号とシンプルな道のりなのですが、早速ツーリングがてら宇治川ラインからさざなみ街道へと抜けてあえて湖岸沿いを流しながら。湖岸沿いは少し風が強かったですが、むちゃ気持ちよかったです。約20日ぶりでしたが、やっぱしこの季節はいいもんだわ。

R0020035

点検前の総走行距離。13,406キロメートル。

R0020036

スパン的にはまだ早いですがオイル交換もお願いすることにしました。それと、年明け頃から少しオイルにじみの症状が出てきてたので、一緒に見てもらうことにしました。スタンドの根本の近辺からじわ〜とにじんでくるようなのですが、私には具体的な箇所まではわかりませんでした。1日置くくらいだとどうもないのですが、1週間ほど放置しているとにじんだオイルがエキパイに伝って、エンジン始動時にそれが熱せられて白い煙が立ちこめるようになっていました。伝った分が焼き切れると症状は治まるくらいのにじみなんですが、やはり気になるので。ちゃんと見てもらわないとどうかわからないですが、お店の人曰くそれほど大ごとな修理にはならなさそうな雰囲気でした。

バイクは預けることになるので、帰りは電車にて。代車を借りれなくもないみたいでしたが、小さいタイプしか出せるものがないと言うことだったので、距離を走ることを考えて電車にしました。JR近江八幡駅まではお店の方に送ってもらいました。次スーパーデューク引き取りの時も電話すれば駅まで迎えに来てもらえるとのことです。

R0020037

行きはあえて遠回りしたこともあり2時間ちょっとかかりましたが、電車でだと1時間20分くらいで帰ってこれました。このくらいならば行くだけで一苦労ってこともなさそうです。前日に電話してから出向いたとはいえ初めてのお店でちょっとドキドキでしたが、まあ点検結果はまだですがとりあえずは一安心といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニザエモン

308CC、いいクルマだったなあ。金曜から307CCオーナーさんをはじめ新旧プジョーオーナーの方々、ご興味の方々がとっかえひっかえやってきて大盛況の模様でした。値段的においそれと手を付けられませんが、売れるといいですね。

さて、308CCを見終わってディーラーを後にするとき、308CCに対抗して(?)屋根開けて出発しました(笑)。

で、なんか雲行きが怪しいな〜と思っていたら、ドバババーと雨脚が・・・。タイミングよく信号待ちで屋根が閉じれて助かりました。

R0020031

名実共に夕立ですが、雷まで鳴ってなんか去年のゲリラ豪雨を彷彿させます。しばし駐車場で雨宿り。起きたのが遅かったのですが、あと少し出るのが遅かったらと思うと308CC試乗時に降られなくて助かりました。

R0020032

小一時間ほど経ってやっと収まってきました。クルマを降り、やってきた所。

R0020033

京都市西京区は国道9号沿いにある日帰り温泉「京都桂温泉 仁左衛門の湯」です。

わき出し温度が違う2種類の源泉が特徴です。第1源泉は、ぬるいというか冷たいです、これからの季節、のぼせた体を冷やすのにちょうどいいですが、冬場はきつそうです。第2源泉は塩分が多めで、逆にかなり熱めです。自分にはちょっと熱すぎますが、二つの源泉風呂を交互に入ると効果がありそうです。ちょっと近すぎってところが逆に足を運ばせないかもしれませんが、なかなかいいお湯でした。

R0020034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

308CC

見に行ってきました、プジョー308CC!!

日本正規輸入車の正式な発売日は6月1日からですが、昨日ディーラーに展示車が登場しました。と言うことで、早速今日拝ませてもらいに。

展示車はアルミナム・グレーのPremiumでした。アイスコーヒーをいただきながらカタログを眺め、先に来られていた方が済まされるを待つ。

R0020017

で、担当さんと一緒に早速試乗。正直試乗はないのではと思ってたので、嬉しい限り。

まずは、屋根を閉じて。

最初電動調整機構付きのシートにちょっと戸惑いました。ハッチバックに比べ低い座面が、自分にはしっくりきます。140psの1.6リットル直噴ターボはパワーは必要十分と言った感じ。特に屋根を閉じているときはとても静かです。すでに207、308で経験済みなので驚きはなかったですが、このクラスのエンジンではかなりレベルが高いと思います。

ステアリングのパワーアシストが電動になったことで、若干フィーリングが人工的な違和感がありました。でも、適度な重さと落ち着いたハンドリングは、まさに3シリーズCCのそれと307CCオーナーの方も思うはず。コーナーを軽くいなす感覚はいかにもプジョーであり、このクルマを選ぶ理由のうちの一つでしょう。車幅は試乗レベルでは全然気になりませんでした。

今度は屋根を開けて、同じコースを。機構的には307CCとほとんど変わりなく昨今の凝った機能はありませんが、開け閉めは約20秒と5秒ほど短縮されました。サイドウィンドが全開にならずショートドロップの位置でとどまる分、短くなったって感じ。

屋根開けて走った感じ。気持ちいい〜。トランスミッションが伝統(?)の4速オートマ、AL4であることに若干危惧していました。でも、試乗レベルでは変速のショックはほとんど感じませんでした。6速7速ある最近の高級車に比べるとエンジン回転数の上下も激しいですが、屋根を開けているときは、逆にその3〜4000まで引っ張る音色がちょうどいい演出になっています。まあ、燃費的は不利ですけどね。

試乗を終えてから、くるくる周りを眺めます。

顔は308GTiと同じで、かなりの精悍さ。

R0020019

おしりも顔にまったく負けていない精悍さ、と言うか、いかつさ。307CCはぽっちゃりしていましが、それに比べ308CCはかなりいかついです。ディフューザータイプのリアバンパーはちょっと奢り過ぎかなと思いますが、これくらいダイナミックな方が今の顔に合ってますね。307CCは途中から顔がフェイスリフトしましたが、おしりは発表時からのキャリーオーバーだったので前後のバランスがいまいちな感じでしたし。

R0020020

R0020021

R0020016

R0020023

R0020024

R0020026

R0020027

R0020028

R0020029

307CCオーナーの一人として見る308CCの感想。S16左ハンドル仕様だから、その分他のオーナーさんより若干偏見が入ってるけど。

まず羨ましい所。

シート。フロントは電動アシスト機構付きだし、一クラス上のメルセデス・ベンツSLKに付いてたネックウォーマーなんかまで付いてるし。シートヒーターが3段階の調整付きなのも細かいブラッシュアップ。賢くなってるエアコンも併せて、快適性がかなり上がったなあ。

エンジンは、まあ、S16の方がまだ捨てがたい。GTiと同じ175ps仕様ならやばかった。でも、オープンカーという特性上、今のエンジンの方がバランスがいいと思うし、なんら文句の付けようがない。

組み立て式のウィンドディフレクターが標準装備。で、スペアタイヤが廃止されパンク補修キットになったおかげでできたリアトランク下のスペースに、そのプロテクターが収納できるようになりました。307CCではフルサイズのアルミホイールでスペアタイヤが収まってるのは、ある意味リッチだけどちょっと無駄だよな〜とも思っていました。307CCでは別売りのウィンドディフレクターが微妙に値段が高かったことを思うと、いい判断だと思います。

ちょっと微妙な所。

右ハンドル仕様だと、やはりグローブボックス内のヒューズボックスが収納性の邪魔をしてる所。あと、ワイパーが左ハンドル仕様のままなところかな。

トランスミッションがAL4。でも、307CC時代のAL4に比べればかなりよくなってると思う。まあ、燃費等を考えればできれば5速以上あった方がいいと思うけど。

実は、左から右にハンドルを組み替えた欠点が307CCでは細かく残っていましたが、今回はほんと上の2つくらい。それに、Griffeでは受注生産であるけれど、なんと左ハンドルが選べるんだよね。そうするとこの欠点は消えるわけで。

あれ、そうするとAL4くらい?

やばっ、逆にAL4であってくれたおかげでよかったです。なんとか踏みとどまることができました(笑)。

もしも、たとえば、175ps仕様の左ハンドルで、なおかつマニュアルトランスミッション仕様とか出てきたりしたら・・・ぐらぐらぐら。308CC GTiとか名乗るのかな〜とかと妄想世界。

ああしかし、とうとう名実共に旧車になっちゃったな〜、307CC。とりあえず引きとどまるために、ライフが終わりかけてるので新しいタイヤを注文しました(笑)。

308CC、いいクルマですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

フタタビ

日付が変わるちょっと前に実家から戻ってきました。日が昇ればまたいつもの日常がやってくることでしょう。

思えば実家での生活が日常でなくなってからちょうど半々だな。自分の気まぐれからではありますが、そんな節目にこういうリフレッシュができたことは意味のあることだったのかな、と思います。昨日よりほんのちょっぴり充実できる日を積み重ねていけるように、また心機一転とまではいかないまでも少しずつ励んでいければいいなと思います。

R0020008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

マタヒトツ

つまらぬとしを・・・。

と言うことで(?)、気まぐれで引き続き実家に帰ったままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

ナントナク

実家帰ってきてます。
ほんの気まぐれからなのですが、意味なく帰ってきたら親に逆に心配されました・・・・。
「またいつでも帰ってき」ゆーてたやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

87000、ナニモシナイヒ

先週の夏日とは打って変わって、今週末は二日ともしとしと雨でした。

じつは、二日とも天候を理由になーんもしてません、出かけてません。昨日近くのコンビニによったぐらい。自分の悪い癖がたまりにたまって一気に出た、って感じ。

86000の頃からどうも気分は下降気味・・・。季節性のものでしょうか、例年この時期は気候とは裏腹に気分が乗ってきません。

・・・単に五月病ではと言われておしまいか。ま、フレッシュマンではありませんが。そう、フレッシュやないよなあ・・・。

はあ、切り替えないといかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

ツツジマツリ

日曜日、昨日にもましていい天気です。昼過ぎまで寝てたけど。まあまあ細かいことは気にせずに出かけましょう出かけましょう。

バイクにしようか迷ったのですが、本日は307CCくんと。いい季節なのに屋根開けて走ってないのは、もったいなく思えて。

得意の国道307号コース。いったい何周してるのだろう。

R0019939

お昼はここで。

R0019946

「生粉打 作美」です。いくつか回ったおそば屋さんでは一番のお気に入り。前回は2月でしたか。昼食には遅い時間でしたが、4、5人待ってました。と思ったら、私の次の人で売り切れ終了でした。危ね〜。

R0019947

R0019950

今日は、おろしそばにしました。1,000円。おろしにする大根は、中辛のものと普通の味が選べるとのことだったので、今回は中辛で。それとかやくご飯。300円。

R0019952

結構おろしが盛りだくさん。最初はそう辛くないやんと思いましたが、食べていくにつれて大根特有の辛みが口に広がってきました。わさびが付いてませんでしたが、おろしがちょうどその代わりをしてくれそばに合いました。最後蕎麦湯との相性もよかったです。

お腹満たしたあとは、ゆったりとクルージング。だけど、通常京都市内に比べ2、3℃低いことが多い信楽近辺でも、気温は30℃。ちょっと日中屋根開けて走る気温ではなくなってきたな。

次の目的地。

R0019954

伊賀市上柘植にある余野公園です。本日は、恒例の余野公園つつじ祭りだったようです。

R0019955

「ようです」というのは実は到着したときには店じまいした後だったから。まあ、起きるの遅かったし。とりあえず、ツツジを見て回ります。

R0019956

R0019957

R0019959

関西随一を誇る15,000本のつつじが自生し、鈴鹿国定公園の特別地域にも指定されています。

R0019958

R0019968

R0019962

R0019965

R0019966

なのですが、実は鯖江の西山公園みたいな、鈴なりにツツジの花が咲き乱れて的なものを想像していたので、ちょっとイメージしていたものと違ってて少し興ざめだったりしました。まあ、祭りは今日でしたが、花のピークとしては少しずれていたせいもあると思います。ま、ドライブがメインだしいいんだけど。

公園を後にして、少し戻った所。

R0019977

伊賀の里モクモク手づくりファーム」です。火照った体を冷やします。ジャージー牧場ジェラート。

R0019980

今回は、コーンで「うめ」と「よもぎもち」にしました。「プレミアムミルク」一口分がおまけで付いて350円。

R0019983

うめは、梅独特の香りと甘酸っぱさが口の中で広がりさわやかな味でした。よもぎもちは、最初、ん?えらい薄味やなと思ったのですが、口の中で溶けていくに従ってヨモギの香りが立ちこめてきます。なかなか。

ジェラートで冷やした後は、今度は「野天もくもくの湯」で体温めます(笑)。

R0019985

ふ〜。ここのお湯もお気に入りです。サウナとかジャグジーとか凝ったものはなくシンプルな構成ですが、なかなか落ち着きます。「木の葉隠れの湯」は、この時期登っていく小道の木々が生い茂った若葉で覆われ、人が少ないときはほんと隠れ湯って感じです。「生源泉の湯」もぬるめで長くつかっていられます。

湯上がりに、ジャージー牧場牛乳。至極のひととき。

R0019986

暗くなってからは気温は20℃前後まで下がり、ちょうど屋根開けていい感じでした。

R0019988

ツツジはちょっと残念な気分でしたし、日中の暑さは、もうきつく感じられましたが、ツーリングとしては満喫できました。

R0019953

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヤブキノサト

土曜日、いい天気になりました。スーパーデュークくんとお出かけです。周山街道を攻めに行くぞ。

嘘つきました。責められに行きます・・・。

こんなバイク乗ってんのにもったいない限りではありますが、峠道はどうも好きになれません。スーパーデュークでは2回目ではありますが、まあ事故らないようにのんびりとのんびりと。

美山の「かやぶきの里北村」にやってきました。

R0019865

昼過ぎ出発で何も食べてないので、お腹空きました。お食事処きたむらで昼食にします。

R0019856

美山産そば粉を使用した、手打ちのもりそば。800円。プラス220円で、きびご飯定食に。

R0019860

日中気温は28℃。日向では30℃越えてたと思います。走り始めると爽快でしたが、京都市内を抜けるまでは信号待ちがきつかった。喉越しいいそばが美味しかった。蕎麦湯もあって最後まで楽しめます。きびご飯も素朴な味で美味しかったです。

R0019861

食後にアイスコーヒー。食事に付ける場合は100円引きで、250円。

R0019862

ふ〜、お腹もふくれて渇きも潤ったので、食後の散策。

R0019867

レンゲ畑と、水を張った田んぼが季節を感じます。

R0019871

R0019872

R0019874

R0019880

R0019888

R0019891

R0019892

R0019893

R0019897

ちっちゃな集落ではありますが、お客さんの数も無理に多すぎず落ち着いた気分で見て回れるので、結構好きです。以前行きましたが、世界遺産で有名な五箇山白川郷は観光客のキャパ越えすぎよね。いい景色ではあるんだけど。

R0019899

R0019905

R0019906

R0019912

R0019914

しかし今日はほんと夏日ですね。歩くだけで汗がじっとり。

R0019917

R0019907

帰りは、周山越えはやめて園部の方に抜けて国道9号から。先導のゆっくりめのクルマに付いていき
さらにのんびりと。

道の駅ガレリアかめおかでトイレ休憩と水分補給。亀岡の手前辺りからクルマの量が増えてスローペースになってきたんだけど、おしりとシートの間が汗でちょっと不快でした。

R0019924

汗を流しに。

R0019929

京都嵯峨野にある日帰り温泉施設「さがの温泉 天山の湯」です。3年半ほど前にできたみたいです。鉄分と塩分を多く含んだ褐色の金閣の湯、そこから鉄分を抜き無色にした銀閣の湯(土日月曜は炭酸ガスを注入した炭酸泉になる)の2種類の泉質が楽しめます。一つ一つはそれほど広くはないですが、複数の湯船があり京風をイメージした落ち着いた感じの温泉でした(サウナは割と広い)。入浴料1,000円とまあちょっとお高いけど。

ここで夕食。まず、ノンアルコール。レーベンブロイ。390円。

R0019932

ホタルイカ沖漬。830円。ん〜、ビールや冷酒が欲しいところ。

R0019933

祇園。1,300円。サーロインステーキ、お造里、小鉢と冷奴、ご飯と汁物の御膳です。満腹。

R0019934

初夏を思わせる陽気で、走っててもちょっと暑さが残りましたが、なかなか楽しめましたです。

R0019881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/09

セイシキニ

今日KTM JAPANから、京都府におけるKTM正規ディーラー、(有)モトクロームが閉店になった旨の通知が届いた。

R0019938

内容としては、ご迷惑をかけたお詫び、今後のサービスについては近くのKTM正規ディーラーに相談してほしい、近畿のディーラーネットワークが充実するよう努力するからご理解ご了承をば、と言った感じ。5月7日付となっています。

モトクロームの店先に貼られた、連絡先が法律事務所らしき貼り紙の日付が4月16日付。それを信じるならば、できたらもう少し早く通知が来てもよかったのではとも思うのですが・・・。店から連絡が一切無いことを考えると、この通知で初めて知ったという人も中にはいるのではないでしょうか。

今のところ自分はスーパーデュークを長く乗っていこうと思っているので、これから長いおつきあいになると思ってた矢先、まさかたった1年でそれも紙1枚のお別れになるとは思ってもみませんでした。お店の雰囲気、店長、メカニックの人柄、結構気に入ってたんだけどなあ・・・。

まあ、今となっては仕方がないことではありますが。

さて、新たにおつきあいすることになるディーラーさん、どこにしようかな。岐阜県各務原市はさすがに遠すぎるので、実質伊丹か近江八幡の二択なんですが。距離的にもほぼ同じか。どうしたものか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/07

ソシテニチジョウヘ

実家から仮の住まいに戻ってきました。夜の雨だったことを除くと、混雑もなくすんなりと。

実家に帰るときは、名神高速が京都南から吹田まで大渋滞だったので、それは避けました。でも、「実は国道1号とか空いてるんちゃう?」ちゅう考えは甘かったです。失敗、枚方までは普通に混んでた。第二京阪通ったのがさらに大失敗。降りて1号に行くまでの道がむちゃ混んでた。急がば回れでもう少し大回りした方がよかったな。学習しました。

実家帰ってからはのんびりと。特に何事もなく。ちょこちょこっと家の手伝いして、ちょこちょこっと親戚のおつきあいして、ちょこちょこっと甥っ子・姪っ子たちと遊んで、ちょっとだけ変わったことがなかったこともなかったんだけど、後はもうだらだらしっぱなしの休日でした。

さて、明日からまた普段通りの日常が待ってるよ。

R0019852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

カエレルノ?

日付が変わったから今日だけど、実家帰るつもり。特にそこからどこかに行く予定もないので、大したネタもできないと思います。ご了承ください(了承も何もそもそもでしょうが)。一応どのルートかは様子を見て決めようと思っていますが、クルマで帰るつもりです。

って言うか、もうすでに名神高速下りが大山崎から吹田まで真っ赤なんですが・・・。なんで? 1,000円効果?? 帰れるのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »