« サクラミツーリング | トップページ | SUZUKA 2&4 RACE »

2009/04/18

ミタケノサクラ

まだアップ予定の出来事が追いついていないのだけど、とりあえず今日の出来事をアップ。

天気がいいのでスーパーデュークくんとツーリング。奈良と三重の県境辺りまでのんびりと。

国道24号から国道163号に入り、笠置から京都府道4号へ。笠置から柳生に抜ける狭いクネクネ道で、二人組の女性ライダーの一人が、登りヘアピンの内溝にバイクがはまって(?)立ち往生していました。ちょっと大変そうだったので、先に救助してるクルマの人たちと一緒に溝の外に押し出してあげました。なんでそうなったのかは謎ですが(方向転換しようとして抜け出せなくなったのかな?)、まあ無事で何よりでした。

道の駅「針テラス」で休憩。今日は日中24℃ほど。走ってる限り快適なのですが、163号手前の24号で少し渋滞したのでちょっと暑かった。

R0019464

水分補給と、何か小腹に。

R0019465

玉こんにゃく。1本150円。好みによってからしを付けていただきます。

R0019466

針テラスを後にして、国道369号をまったりと。暖かくなって肩の力が抜けたのか、冬にこびりついたへたれ具合が少し取れてきた。ま、他のベテランさんに比べればまだまだへたれですが、怖さに支配されていたコーナーで楽しさを取り戻せたのは嬉しい限り。

目的地の一つ、道の駅「伊勢本街道 御杖」に到着。

R0019474

日本のクラシックスポーツカーの祭典としては由緒のある「La Festa Mille Miglia」の姉妹イベント、La Festa Primavera 2009が20日にこの地を訪れるそうです。参加者には堺正章さんや木内みどりさん、邦楽奏者の東儀秀樹さんらも名を連ねています。お時間許す人は行ってみては。

R0019473

ここのお食事処「山桜」で遅い昼食を。先に生ごぼうが出されました(サービス?)。味噌を付けていただきます。へ〜、なかなか。

R0019467

大和肉鶏照焼丼。1,200円。たれが少し薄味な感じもしますが、おかげで肉の甘みが引き立って美味しかったです。本当は針テラスでちょうどお昼時だったのですが、我慢してよかった。

R0019469

道の駅を後にして3分ほど。三重県津市は美杉町三多気(みたけ)に。

R0019478

「三多気の桜」として知られ、日本さくらの会選定日本さくら名所100選の一つに数えられている場所にやってきました。

R0019482

近所はもうだめだけど、この辺のならまだ桜拝めるかな〜、と思いまして。

なのですが・・・。

R0019483

う〜ん、残念。ここももうほとんど散ってしまって、葉桜でした。

10日に来られたと言うおじさんが「その時はまだ早かって、今日来たんやけどなー」と地元の方に残念がっていました。まあ仕方ないですね。とりあえず、散策しましょう。

少しきつめの傾斜の小道を上がっていきます。

R0019481

R0019496

R0019502

R0019547

R0019549

R0019497

まあ、これはこれで情緒があっていいかもね。

R0019540

R0019544

R0019505

R0019542

おそらく「三多気の桜」と言って思い浮かべられる内の一つであろうショット。時季を合わせて水が張られた棚田に、桜の姿が映し出されて・・・。盛りの時季はまさにそうだったんだろうなと想像しつつ。

R0019513

真福院の周辺。

R0019517

R0019521

R0019523

R0019524

R0019526

R0019532

他、小道に咲く草花とか、植えられた花たちとか。

R0019533

R0019535

R0019536

R0019553

R0019554

R0019558

実は、桜見としては駐車場周辺の木々が一番花を付けていたのだったりしました。

R0019567

R0019566

ちょっと残念ではありますが、ま、今度機会があれば是非盛りの時に。その時はすんごい人でこんな落ち着いて撮れないんでしょうけどね。

再び、道の駅「伊勢本街道 御杖」に戻ってきて。今度は、敷地内にあるみつえ温泉「姫石(ひめし)の湯」の方が目的。

R0019568

R0019569

以前入ったのとは違う側の湯船でした。ちょっとこぢんまりした湯船ですが、足腰の筋肉がほぐれてゆったりできました。湯上がりに抹茶ソフト。

R0019570

帰りは、国道368号から名張、上野を抜け163号から24号へと。桜見としては残念でしたが、ツーリングとしては最高にいい一日でした。

R0019490


|

« サクラミツーリング | トップページ | SUZUKA 2&4 RACE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミタケノサクラ:

« サクラミツーリング | トップページ | SUZUKA 2&4 RACE »