« Winds of Suzuka | トップページ | ミタケノサクラ »

2009/04/17

サクラミツーリング

盛りも終えすっかり葉桜になって、今更アップするのもいささか気が引けますが・・・。今日が4月5日と思ってお楽しみください(無理か)。

せっかく最高潮を迎えたにも関わらず、前日は春雨に邪魔をされた形になった週末ですが、翌日はサッパリと晴れ渡りました。SUPERDUKEで桜見ツーリングとしゃれ込みます。

で、やってきた所。三条通から渡月橋を通り過ぎ、阪急駅前駐車場にやっとこさ。

R0018978

桂川にかかる渡月橋。

R0019009

と言うことで、狙ってではないですが長く引っ張った形になった振りの答えは「嵐山」でした。当たっても何も出ませんけど・・・。超定番すぎてあえて外していたのもありますが、近いのだしこの季節に一度は行ってみましょう、そうしましょう。

しかしさすがにすんごい人・人・人。クルマでだとそれ以前に終わってただろうけど、渋滞で断続でクラッチ操作はきつかった。つりそう。

R0018979

R0018982

とりあえず桜を楽しみます。

R0018980

R0018983

R0018984

R0018990

R0018994

少し風が吹いて枝が揺らされるのでピントが難しい。それに人が多いので気持ち的に落ち着いて構えにくいかも。

R0018996

R0018997

R0019006

R0019013

とはいえ、満開の桜はとても綺麗でした。

R0019018

R0019020

R0019026

R0019028

お昼ご飯。「嵯峨の味処 平の家」。お昼というかおやつ時なんだけど、どこのお店もいっぱいで。ここも結構待ちました。空いてる所は、なぜに湯葉料理がこの値段か!?というお店だし。

R0019045

田楽そば。1,000円。ざるそばに田楽と青菜御飯。味噌の甘みと、そばつゆと御飯の辛みのバランスがよかったです。この日は汗ばむ陽気で冬用ジャケット着込んででは暑かったので、ちょっと一息つけました。

R0019044

さすが京都、和服の方も結構見かけました。見返り美人。

R0019032

R0019049

R0019050

なぜか桜の前でEXILE(?)。

R0019054

桜は綺麗だし、青空で景色もいいし申し分ないんだけど、やはり人が多すぎですね。出る頃には人に酔って少し気分が悪くなってたりしてました・・・。

R0019061

嵐山を後にして、少し南下した後、京都縦貫自動車道で亀岡まで行き、そこから国道372号を西進。372号は、途中少しワインドした所もありますがほとんどが緩やかな田舎道。ゆ〜ったりと、クルージング。

傾く太陽に赤く照らされ始めた頃。

R0019062

たどり着いたは兵庫県篠山市にある日帰り温泉施設「こんだ薬師温泉ぬくもりの郷」。

R0019064

今回で2回目です。前回は丹波石をフィーチャーした岩風呂でしたが、今回は丹波焼をフィーチャーした陶板風呂の方でした。バリアフリー的には難ありでしょうけど、温泉場が起伏のある造りなのはなかなかいい感じです。フィーチャリング丹波焼・・・は正直あまりピンとこなかったですが。源泉掛け流しは30℃とかなり低めです。41℃設定とは別に38℃のちょっとぬるめの湯船があるのは、すぐのぼせる私としては嬉しい限り。

湯上がり牛乳。

R0019065

夕食時になったので、ここで食事。納豆の湯葉丼。1,260円。御飯の上に湯葉が被せられ、あんかけされた上に納豆が乗っています。なんか変な取り合わせと思ったのですが、湯葉と納豆が結構合いました。よくよく考えたら原料が同じだから当たり前か。新鮮な驚き。納豆が苦手でないなら、一度ご賞味あれ。後は、豆腐と湯葉の胡麻サラダ、豆腐シュウマイ、黒豆味噌汁、香の物。まさにフィーチャリング ビーンズ。特に、サラダに載った素揚げされた(?)湯葉はパリパリして胡麻ドレッシングとよく合って美味しかった。

R0019069

帰りは舞鶴若狭自動車道から中国自動車道、名神と高速を使い。中国道はやはり宝塚手前から15キロほど渋滞。バイクでよかったですが、それでも疲れた・・・。

と、ちょっと人とクルマの多さにうんざりだったのが残念でした。ま、覚悟はしててそれでもあえて向かっていったんだけどね。とりあえず、やっとやってきた春を堪能できた1日でした。

R0018986


|

« Winds of Suzuka | トップページ | ミタケノサクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラミツーリング:

« Winds of Suzuka | トップページ | ミタケノサクラ »