« ガモウノ | トップページ | 76000アキ »

2008/09/30

シュウザンゴエ

話は前後する上に遅れての更新ですが。土曜日間違って1日早く出向いたクルマの12ヶ月点検ですが、幸運にも代車をお借りすることができたので、結果的に無駄に時間をつぶすことなく家に帰ってくることができました。早く戻ってこれたし、それならばと思いまして12時から再び出かけました。代車ではやめておきまして、もう一つの相棒SUPERDUKEくんと。

目的は周山街道を攻めに行くこと。・・・いや攻めるは嘘です。どう考えても道に攻められています。周山街道はクルマ307CCと前のバイクGSR400ですでに経験済みですが、SUPERDUKEでは初めてです。朝の超寝ぼけ大ボケのこともあり、大丈夫だろうかと内心ドキドキ。まあ結果的には無事帰ってこれましたが、やはり途中のワインドがきつい区間はあまり好きになれません。

周山街道通ったときのお決まりになってますが、美山の「かやぶきの里北村」でお昼休憩。

R0016133

「かやぶきの里 悠々ひろば」で、ぶっかけうどん(温)とかやくご飯のセット900円。んまんまでした。

R0016136

R0016137

おなかを満たした後は少し周りをお散歩。

R0016140

R0016145

R0016144

初秋の景色もなかなかおつなものですね。今回は絵を描かれている人も多く見られました。

R0016142

R0016146

街道の沿道でも多く見られましたが、彼岸花とコスモスが綺麗でした。写真では撮らなかったですが、一面に白い花が咲いている畑がありました。後でソバの花と知ったんですが、写真撮っておけばよかったとちょっと後悔。

R0016148

R0016150

R0016151

R0016155

R0016162

少し年配のご夫婦の奥様が旦那さんに教えられていたのを横耳で聞き、ムラサキシキブだと知りました。でも後で調べたらコシキブの方かな。多分・・・自信ないけど。

R0016166

散歩の後、さらに街道を攻めに、もとい攻められに北上。緩やかなカーブの区間は結構好きなんだけどな。京都市内では25℃前後、それでも先週よりだいぶ下がりましたがSUPERDUKEで信号待ち時は汗ばむ気温。でも周山街道に入るとさらに下がり20℃前後。暑すぎず寒すぎずバイクで流していてとても心地よい天候でした。なんか急にこの日から秋がやってきたって感じです。美山町を過ぎる頃は18℃くらいまで下がってちょっと肌寒かったくらいです。メッシュジャケットをやめて普通のジャケットしておいて正解でした。

しばらくして若狭の海に出てきました。阿納海水浴場と犬熊海水浴場の中間辺りから見た若狭湾。

R0016170

ひたすら162号を北上というコースを取ったのですが、若狭湾に出た途中の小浜市矢代〜田烏がクルマではあまり通りたくない道幅と曲がり具合で、バイクでも気を遣い疲れました。GSR400で一回通ってわかってたはずなのに・・・学習力がないというか。一応それを突っ切って抜けていくトンネルがもうすぐできあがりそうなのですが。

狭いクネクネ区間を抜けてほっと一息して眺めた若狭湾。

R0016174

今回はエンゼルラインにも三方五湖レインボーラインにも寄らずに過ぎました。どうしようか迷ったんですが、一度行ってるからもありますが昼から出発だったのであまりゆっくりくつろげないかなと思いまして。

そして国道162号を制覇。やってきたところは「みかた温泉 きららの湯」。去年に引き続き2回目です。

R0016177

R0016179

今回は、前回とは反対側の「縄文の湯」でした。ここの温泉はしょっぱい泉質で、源泉の湯温は40℃とのこと。自分的にはもう少しぬるい方が好きかな。一方の「虹の湯」は塩サウナでしたが、こちらはよく見かける遠赤外線サウナでした。

帰りは、敦賀から北陸自動車道に乗って。なんだかんだで同じようなコース取りを何回もしてますね。夜の高速は一段の冷え込んで、ちょっと辛かったです。メッシュジャケットで来てたらむちゃやばかった・・・。今回は換装したHIDが力を発揮しました。それまでに何度か走ってみたことがあるのでHIDの夜での効果は確認済みでしたが、夜の高速は初めてのこと。暗い北陸道でも前よりも幾分疲労度が軽減されたと思います。いや、値段を考えれば安い買い物ではなかったですが、いい買い物をしたと実感できました。

さてSUPERDUKEでは初めての周山街道。自分的に難易度の高い区間はちょっと疲れましたが、今日はまさにツーリング日和の季節の始まりを感じられた気持ちのいい1日でした。

R0016180

|

« ガモウノ | トップページ | 76000アキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュウザンゴエ:

« ガモウノ | トップページ | 76000アキ »