« HID | トップページ | アワジ、シチフクジンメグリ »

2008/09/23

ヒラトピア

SUPERDUKEのお目々を凛々しくしてもらった後、このまま帰るのも何だし国道367号いわゆる鯖街道を北上し大原辺りをのほほんと流す。「途中トンネル」を通った後は、琵琶湖に抜けまして湖岸沿いを北上。「途中トンネル」、たったの500mが有料(普通車150円、バイクとか軽自動車等は100円)なのは微妙・・・。一応迂回できますけど道幅とか考えると、ほぼこのトンネル通らないと先に進めないし。

湖岸をしばらくのんびり北上し、比良山系の麓にある「天然温泉 比良とぴあ」に。山の上の方とかはそろそろ紅(あか)づいてきてたでしょうか。

R0016120

まずは先に空腹を満たします。名物 鮎そば、700円。ニシンそばの鮎バージョンですね。ニシンに比べ鮎独特の苦みがあります。たまたまかもしれませんが、子持ちの鮎でした。

R0016123

さて温泉は、サウナもあって一通りの湯船がありますがちょっとこぶり。まあこんなもんかな。今日は子供連れのお客さんでひしめいていましたが、場所柄、登山前後のひとっ風呂にはもってこいですかね。ひめしゃがの湯にあったようにサウナの隣に水風呂を兼ねた源泉風呂があるのですが、そもそも泉質が無色透明なので本当に源泉なのかただの水風呂なのかが微妙な気分。なにより、その源泉風呂、ちっちゃ! 湯量の少ない所の源泉掛け流し風呂はたいがい小さいですが、ここのは大人一人入るとほぼ満杯です。サウナ後用に水風呂が別にあった方がいいような。

お風呂上がりに、ソフトクリーム。汗をかいた後もあり、冷たくて濃厚な甘みがお口を満たします。

R0016124

帰りは、何を思ったか混むのをわかっていながら浜大津の方へ南下。石山を抜けて京都府道3号いわゆる宇治川ラインを。そんな大した腕持ってないのでしんどいだけなのに。浜大津周辺で渋滞に捕まったせいもありますが、帰ってきたら予想通りくたくたでした。まぁ前のクルマにペースをあわせてなので、後続に突っつかれてどきどきしなくてすみましたけど。

|

« HID | トップページ | アワジ、シチフクジンメグリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒラトピア:

« HID | トップページ | アワジ、シチフクジンメグリ »