« シジョウシャ・ソノ2 | トップページ | マイヅル »

2008/06/03

シジョウシャ・ソノ3

SUPERDUKEにたどり着くまでの試乗車紹介、3回目。

アメリカはビューエルのLightning XB12Ssです。

R0013768

ビューエルは、ハーレーダビットソンのエンジニアだったエリック・ビューエルさんが独立して立ち上げたメーカーです。その後ハーレーに出戻ることになって、現在はハーレーの1ブランドとしてロードスポーツ部門を担っています。

ビューエルのバイクはビューエルおじさんの独特の哲学の元で作られています。「マスの集中化」、「バネ下重量の軽減」、「高剛性シャシー」がその代表です。マフラーやサスペンション、エンジンなどの重量物を車体中心低部に集中させたり、極端に立ったキャスター角や驚異的なショートホイールベースによる軽快さの追求などは、その際足る部分かと思います。またスポーツモデルでありながら、シングルディスクブレーキであったりベルトドライブであったりと、不思議なこだわりがあったりします。さらに極めつけは、フレーム内にガソリンを貯めガソリンタンクを兼ねていること、スイングアームがオイルタンクを兼ねていることでしょうか。まさに唯我独尊。

R0013771

さて、実車の印象ですが本当このクラスのバイクでは驚くほどコンパクト。見た目だけなら250ccクラス級、こいつにハーレー生まれの1202cc空冷OHV・Vツイン通称サンダーストームエンジンが搭載されているのです。一応、XB12Ssはホイールベースが伸ばされたタイプなのですが、それでもこぢんまりした佇まいです。大阪モーターサイクルショーで初めて実車見て跨ったことはあったんですが、足つき性も悪くなくシートはとてもクッションがよかったです。

エンジンを始動すると・・・なんか笑ってしまいました。このエンジン、車体とはラバーマウントされているんですよね。だから、アイドリング時は「え、まぢですか!?」ってほど、ブルンブルン震えています。

走り始めると、これまた意外や、変わった仕様のオンパレードだと身構えていたほどは違和感なく、至ってまともでした(笑)。あれだけプルンプルンしていたエンジンは、回転が上がるほどに振動は少なくなっていき、大排気量空冷OHVのVツインのああいかにもという、それでいてハーレーとはまた違ったバババババと独特の音を立てながら、小さな車体をぐんぐん押し出していきます。ハーレーはもとよりビューエルも馬力・トルクは正式には表記していないのですが、このXB12Ssはだいたい100psは出ているそうです。コーナーリングにもビューエル独特の癖があるらしいのですが、試乗レベルでは気づけませんでした。

R0013772

気になる点は、やはり大排気量の空冷エンジンであることかな。今回の試乗車の中では一番排気量がでかくて唯一空冷だったのですが、4月半ばの陽気な小春日和であったとは言え、既に強制急冷ファンが常に回りっぱなしでした・・・。あと、やはりあのアイドリング時や超低回転時のブルンブルンですかね。独特の荒々しい鼓動感で雰囲気を楽しむものと言えばそうなのでしょうが、ちょっと自分には馴染めないかもしれないなと。

R0013769

どこをとっても他のメーカーはどこも真似しないであろう奇抜な設計、それなのに意外や真面目にスポーツしているところがとても不思議。なんか、色んな意味でゴーカートみたいな印象を受けるバイクでした。

駄目な人にとっては全然相容れないでしょうけど、はまったら病みつきになるんだろうな思いました。そして私は・・・う〜ん、面白そうだし今回の第2候補ではあったんですが、自分にはやっぱアメリカンはちょっと違うのかな〜と(笑)。

|

« シジョウシャ・ソノ2 | トップページ | マイヅル »

コメント

>色んな意味でゴーカートみたいな印象

 はじめまして。
 XB12SSユーザーです。
 まさにその通りだと思います。
 全くおんなじ感想を持っていました。
 いい意味でおもちゃっぽいんです。

投稿: マル | 2009/04/24 12:18

初めまして、マルさん。

どんなときもリラックスを許さないSUPERDUKEに乗ってると、実は自分にはこっちの方が合ってたのかな、とたまに思うことがあります。本気を出せば十分お腹いっぱいになれるし、それでいていい意味でユルさも残してる。面白いマシンですよね。

夏場はかなり厳しそうだけど・・・。SDでも大概だし。

投稿: えむいな | 2009/04/24 23:09

確かに夏場は。。。

空冷故、如何とも。。。

知り合いは股火鉢と言っています。

でもめげません!

投稿: マル | 2009/04/29 00:04

いやぁ、試乗時は小春日和だったにもかかわらず、アイドリング時で強制空冷ファンが全開でしたからねえ(笑)。XB12Ss。でも、SUPERDUKEも、夏場去年経験しましたがかなりきついですよ。実際オーバーヒート警告点灯したこともあるし。まあ、排ガス規制をクリアできる薄い混合比で、なおかつパワーを捻り出そうとすれば致し方ないんでしょうけど。

投稿: えむいな | 2009/04/29 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シジョウシャ・ソノ3:

« シジョウシャ・ソノ2 | トップページ | マイヅル »