« チエノユ | トップページ | シジョウシャ・ソノ3 »

2008/06/02

シジョウシャ・ソノ2

今日から近畿地方も梅雨入りのようですね。平年よりも4日早く、去年よりも12日早いのだとか。雨不足も困りますが、週末だけでも晴れてほしいものです。

今日、軽くふくらはぎが筋肉痛でした。運動性の高いバイク操った後だからかー、と一瞬思いましたがトンネルウォーキングの方ですね、冷静に考えて(苦笑)。


今回は、SUPERDUKE購入時の試乗車、第2弾です。

KTM 990 SUPERDUKEです(笑)。

R0014137

SUPERDUKEは、紹介の時に書いたとおりですが07年モデルから大きくモデルチェンジしました。試乗車は06年モデル。オフロード派生モデル中心だったKTMの初の本格的ロードスポーツと言うこともあり、初期型は見た目も走りも意図的にかなり尖らしたマシンらしいです。

と、肝に銘じてから実際試乗。そして感想は・・。

R0014133

噂に違わず、と言いたいところですが、実はそれ以前にあまりよくない試乗でした。と言うのも、終わりの桜がまだ残っていたせいもあって店の周辺は大渋滞。またこのお店の周りの土地勘にも乏しく、わざわざ渋滞に捕まりに行ってしまう始末。他の試乗車では、お店がどれも住んでる所に近いこともあり勝手知ったる道を走れたのですが、まずそれがネックでした。

R0014136

今回の試乗車はトライアンフを除き、狙ったわけではないのですが全てVツインエンジンでした。ただ、雑誌等で見るだけで実際に乗るのはSUPERDUKEが初めて。超初心者の私はVツインと言うとアメリカンクルーザー系のイメージしかなくて、なんとなく「ドドドド、って下のトルクで走らせるんかなー」って印象しかありませんでした。でも、比較的高回転でパワーを発生するスポーツVツインはその印象と全然ちゃいました・・・。

3,000回転以下ではアクセルのほんのちょっとの開閉に過敏に反応して、かなり扱いづらい。4気筒マルチのまったり運転に慣れてしまってる体は、早め早めに高いギアに上げる癖が付いていたのですが、それだとむちゃくちゃギクシャク。さらに渋滞だからクラッチの入り切りでまたまたギクシャク。また、GSRに比べてクラッチが重い・・・。

また「え、これ空冷ではないよね・・・」と思うほどエンジンが熱かった。どうも、冷却は最小限に抑えてパワーをひねる出すという考え方らしい。これまた渋滞では最悪。

後々聞いて知ったのですが、実はこの試乗車、サーキット走行用にそれ向きな調整がされていたんだそうです。そら、それで渋滞捕まったらいい印象持てないわな。と言うことで、全ては渋滞のせいなのですがネガティブな面しか印象に残らず、いまいちな試乗体験だったわけです。ちなみに、写真は代車でお借りした時のものです。試乗時には撮ることできなかった、というか撮る気力が残ってなかったので・・・。ちなみに代車でお借りした時の印象は、それほど悪くはなかったというか、慣れもあって楽しむことができました。ネガティブな所は変わらないですが、慣れればそれ以上に楽しいバイクだと思います。やはり現行モデルに比べれば、かなりとんがってましたが。

R0014132

実は試乗するまでは、このSUPERDUKEが今回の第一候補だったのです。大いに悩む要因はこの試乗体験にもあったわけです。また、初めてのスポーツVツインだったので特性を理解してなかったのもよくなかったですね。まずは別の車種でを体験してからの方がよかったかなと。

|

« チエノユ | トップページ | シジョウシャ・ソノ3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シジョウシャ・ソノ2:

« チエノユ | トップページ | シジョウシャ・ソノ3 »