« プチツー | トップページ | トンネルウォーク »

2008/05/29

シジョウシャ・ソノ1

前の相棒SUZUKI GSR400の時は、まずこいつを選んでから二輪免許を取りに行ったようなものでした。なので、店で跨っただけで試乗はおろかエンジン音も聞かない状態で注文しました。そもそも注文する時点ではまだ免許交付されてなかったし。今思えばかなり思い切ったことを〜なのですが、400cc以下のクラスで自分の食指を動かされたのは唯一GSR400なので後悔はありませんでした。実際乗り始めてからも、いいバイクでしたし。

でも、大型ともなると選択肢も格段に増え、パワーも性格も千差万別。値段もそうだし、さすがに跨っただけで選ぶには決心が足りません。そもそも自分に扱える代物かもわからないし・・・。ということで、SUPERDUKEに決めるまでに今回は何台か候補をピックアップして、それぞれ試乗させてもらいました。一応、自分の印象を忘れないためにもそれらを書き留めたいと思います。
(以降、うんちくは私が語っても大したことないので大ざっぱですし、所詮初心者なのでまあ戯れ言と許してください。)


今回はその試乗車、1台目。
イギリスのトライアンフってメーカーのSpeed Tripleです。

R0013763

2眼の丸目ライトとトライアンフ独特の水冷直列3気筒エンジンが特徴ですね。映画ミッション:インポッシブル-2で、トム・クルーズが乗ってたあれです。トム・クルーズに憧れた訳じゃないよ(笑)。

R0013765

まずなんと言っても3気筒エンジンですね。実に気持ちいいエンジンでした。1050ccの排気量で130psを発揮するんですが、下の回転でも粘ってくれるのでまったりとも走れるし、6000回転以上回した時の加速感はたまりません。それよりなにより、回転数の変化に伴って音色を変える吸排気音が実に心地よかったです。特にアクセルを戻した時の音が、すごく気持ちよく感じました。まさに2気筒と4気筒のいいとこ取りをしたようなエンジン。

R0013766

さすがにGSRに比べれば足つきが少しきついですね。それとハンドルの切れ角が若干少ないので、狭い駐輪場での取り回しが辛いかもと感じました。でも、実物の見た目、乗った時の感触、どれも自分の中では高得点、というか今回試乗させてもらった中では一番いい印象を受けたバイクでした。乗るまでは候補としては順位低かったこともあり、後々大いに悩まされるのでした。

R0013764

ちなみに、Speed Tripleの小排気量版とも言えるStreet Tripleというのがつい最近登場し、今年日本にもやってきました。実はそちらの方が興味あったのですが、4月初旬の時点で08年モデルは完売、すでに09年モデル待ちとのことでした・・・。今回候補に選んだのはどれも外国車だったのですが、いざ欲しくても日本に来る玉数的に買えなかったりすごく待たされる可能性があることを実感しました。

|

« プチツー | トップページ | トンネルウォーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シジョウシャ・ソノ1:

« プチツー | トップページ | トンネルウォーク »