« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/29

ナラサレ

引き続きなばなの里から小一時間。養老の滝見てきました。

R0014021

R0014019

三脚立てずに手持ちなので、いくら手ブレ補正されてるとは言え若干フォーカスが甘いです。落水の軌跡撮れてますかね・・・。

R0014026

R0014018

駐車場から滝までは片道約20分ほど。戻ってくる頃には程よい疲労感。養老焼きだんご(くるみみそタレ)と養老山麓サイダーいただきました。だんご、タレが甘辛で中はとても柔らかく、サイダー、のどごしさわやか。

R0014038

R0014039

駐車場のある麓に降りてきたところにある、心のテーマパーク「養老天命反転地」。謎なオブジェが点在するアート空間。

R0014053

R0014047

R0014048

R0014046

R0014051

R0014061

R0014064

起伏に富んでいて足場もいいとは言えず、駐車場に戻る頃にはもうへろへろでした。本当はあと一箇所どこかとも思ったんですが、今回はこれで終了。関ヶ原インターから名神に乗って日が落ちきる前に帰ってきました。さんざん歩いたこととまだ慣れてないバイクでの初高速だったので、かなり疲れました。でも、春から初夏にかけての青空を満喫できたと思います。

R0014032

慣らしの総走行距離690キロほど。

R0014044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナラシ

慣らし運転をかねて、「長島温泉 なばなの里」を訪れました。行きは、新名神高速道路を使って。初めて通ったのはSUPER GT見に行った時ですが、自分の運転では今日が初めて。この辺を訪れるにはとても便利になりました。

R0013919

R0014010

3月3日から7月6日までは「花まつり」と言うことで、様々な色鮮やかな花々が咲き乱れています。

(以下全てC-PLフィルター付き)
R0013925

R0013924

R0013930

花に詳しければ名前がわかって楽しみも増えるのでしょうが・・・。でも、甘い香りのする中をぷらぷらと歩くだけでも気持ちのいいものです。

R0013926

R0013932

R0013923

前回訪れた時は夜のナイターでだったのですが、やはり晴れた昼間の時の方が色鮮やかで綺麗ですね。Caplio GX100は晴れた青空の時が一番綺麗に撮れると思います。

R0013935

R0013939

園内にあるベゴニアガーデン。別料金がいりますが、見る価値十分にあり。

R0013973

R0013943

R0013946

R0013945

R0013975

R0013980

R0013967

同じくベゴニアガーデン内に咲いていた「フクシア」と言う花。「女王様の耳飾り」と呼ばれ、中南米の高地が原産なんだそうです。可愛らしいです。今回名前覚えました。

R0013949

R0013954

R0013950

時期的にチューリップには遅すぎてバラには早すぎたのですが、他の花々がその穴埋めをして十分な演出をしてくれてました。

R0013990

R0013991

R0013992

少し残ってたチューリップ。

R0013996

早めに咲き始めたバラ。

R0013972

アーンパーンチッ。

R0013999

本当は「富山にチューリップ見に行くべ」とも考えたのですが、さすがに慣らし運転で日帰りするのは厳しすぎると冷静になりましてこちらに来たのでした。でも、来て正解でした。日中の気温は23℃前後。歩いていると結構汗ばむ陽気でしたが、とてもいいお散歩でした。

R0013971

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/27

タダイマナラシチュウ

新しいパートナーの紹介は、また日を改めましてゴールデンウィーク明けにでも。

まったりと新しいパートナーとの慣らし運転。琵琶湖を一周してきました。いつも時計回りなので今回は反時計回りで。湖岸道路を流すのは気持ちいいですね。風が心地よいです。いつもこの辺は、薄暗かったり日が落ちてからでクタクタの時だったので。

道の駅「近江母の郷」でお昼休憩。

R0013881

うなぎ丼いただきました。

R0013877

本日はお日柄もよく。気温は19℃前後。北の方に行くにつれ少し気温が下がりましたが、それでも暑すぎず寒すぎずで絶好のツーリング日和でした。バイク人たちの多き事よ。屋根開けたオープンカーも沢山見ました。

慣らし中だし、と言うか自分が慣れてないからどうしようか迷ったのですが、奥琵琶湖パークウェイを登りました。本当はこういう道が大得意のはずのマシンなのですが、超慎重〜。軽く後続の人たちに抜かされてピースサインされました・・・。まあ、この先もそんなうまく運転できないと思うけど。

R0013884

ちょっと遠慮して離れたところに停めるの図。この後、ばんばんやって来て集団に飲み込まれましたけどね。

R0013883

お約束のマキノ高原のメタセコイア並木を背に。3月に行った時に比べ、葉が付き始めていました。

R0013888

道の駅「しんあさひ風車村」。あれ? 反対回りでも立ち寄るところ一緒やん〜。でも立ち寄る場所、結構好きなんだと思います。

R0013891

R0013895

R0013897

R0013900

R0013902

R0013907

大津近辺は行きも帰りもやはり渋滞ですね。クルマだと明るいうちに帰ってくるのは無理だったでしょう。でも今回のバイク、前のに比べて若干クラッチレバーが重いんです。渋滞中半クラ多用してたら手がつりそうになった・・・。

昨日と今日で約400キロ走りました。前は初めてのバイクだったこともあってかなり恐る恐る慣らしていってた記憶がありますが、この調子ならゴールデンウィーク明けには慣らし終わってるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

ハヂメマシテ

と言うわけで、新しいパートナーです。

R0013870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

アリガトウ

307CCと並んで我が相棒であるSUZUKI GSR400です。

R0013850


・・・だったのですが、実は明日でお別れすることになりました。

一緒に過ごすようになってから約1年半と短い間ではありましたけど、思い返せば一緒に色んな所出歩いたなあ。どれもとてもいい思い出です。一言では言い表せないほど色んな自分の想いを乗せて、一緒に走ってくれました。さよならではなく、ありがとうと言って送り出してあげようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

6ヶゲツ

ほんと、下手したら夜まで寝てしまいそうだ。今日も本当いい天気だったんだけど・・・。

R0013841

今日は、307CCの6ヶ月点検に行ってきました。

待っている間、ショー・ルームの方にお邪魔しに。昨日・今日は207SWのデビューフェア。ショー・ルームには赤いSWが飾られ、試乗車も用意されていました。赤もいいですね、オシャレです。ドアを閉める時の音が206に比べ重厚になりました。パノラミック・ガラスルーフがいい感じです。ハッチバックに比べ余裕ができたこともあって、前席よりもむしろ後部座席が特等席だと思います。

R0013842

待ってる間、営業担当さんともゆっくりお話しでき、試乗もさせてもらいました。でも、乗ったのはSWではなくて207CCの方に(笑)。ハッチバックの207GTは以前試乗させてもらったんですが、CCはまだだったので。思えば、207GT試乗させてもらってからもう1年経つんですね。さて207CCですが、同じクーペカブリオレでも207と307では味付けが全然違いますね。307CCは車重が重いせいもありますが、しっとりとした乗り心地。対して、207はとても元気。アクセルのレスポンスもそうだし、ハンドリングも軽やか。まあ、手狭と言ってしまえばそれまでだけど、セッティングの妙でシート周りの適度なタイトさも相まって、クルマとの一体感が感じられました。4ATだったけど、307CCでは味わえないこの軽快感は、なかなかの魅力でした。

さて、フランス本国では既に次の世代308が登場している3シリーズですが、どうやら日本にやってくる足音も近くなってきたようです。正式発表前なので詳しい日にちは差し控えますが、ゴールデンウィークが明けた頃には発表され、6月の頭にはハッチバックがお目にかかれる模様。またSWも秋頃にはお目にかかれるかもとのこと。CCはまだ本国でも正式発表されていませんが、時の経つのは早いものです。

さて点検の方ですが、ワイパーゴムのひび割れが目立ってきたとのことで、まだビビリはひどくなかったですが梅雨も近づいてきているし交換してもらいました。左右あわせると10,000円弱と高いのが難点。オイルとオイルフィルターの交換も同時に行ってもらい、その他はタイヤの空気圧調整くらいで特に問題も無し。総走行距離は、44,516キロ。次のオイル交換時期には、ミッションオイルも交換してもらおうかと思います。

207SWデビューフェア来店記念プレゼントいただきました。「おそろトート」。ちっちゃいトートの中におっきいトートが。可愛いです。

R0013847

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

マッタリ

春は眠くていかん。いい天気なのに昼過ぎまで寝てしまった。

バイクでお出かけ。この間正式に注文したブツが店に届いているか見に行ってきた。諸々の関係で手元に来るのはもう少し先なんだけどね。来週の週末にはお披露目できるかなぁ。

R0013829

その後、そのまま帰るのもなんだし、R307->R422のおきまりのコースを流して島ヶ原温泉やぶっちゃの湯へ。

R0013837

日が暮れて、露天風呂「月待ちの湯」から丸く綺麗な月が見えました。月を眺めながらの露天風呂。のんびりのんびり。幸せ幸せ。

R0013840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

キヨミズ

朝、普段は考えられない地点から渋滞。その先に何があるのかと、気になり(と言うか何も考えずに)そのまま突き進んでいったらギリギリ間に合わなかった・・・。ゆったり朝マックできました。

昼からバイクでお出かけ。で、なぜか思いつきで金閣寺。

R0013785

R0013788

R0013791

金閣寺なんか何十年ぶりだろう。近くにいるといつでも行けるやと、思ってる以上に見に行かないのでした。修学旅行生と外国人観光客で大賑わい。

R0013787

木々の若葉などが柔らかい色で包まれてました。

R0013809

R0013798

R0013800

R0013797

このスポットで和服はヒロインになれること請け合い。

R0013806

R0013812

R0013822

で、なぜ金閣寺なのにタイトルが「キヨミズ」なのかというと、ここ最近色々見て回っていたある代物を、この機会にと勢いづけて注文してきたから。つまるところ清水の舞台を飛び降りる勢いでってことでして。まあ、ほとんど決めていたことなので後悔はないですが、我ながら思い切ったことをしました。そのことについてはまたおいおいと。

R0013794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

66000ポカポカ

鷲宮神社に行った時に神社で飼われていた孔雀。金網越しだったのでどうかなと思ったんですが、テレ端だと網にケラレずに羽がすごく色鮮やかに撮れました。でも顔がぶれてしまったのが残念!

R0013713

いや、すっかり春ですね。65000の時はつぼみだった桜の花も、もうこの周辺では散り始め若葉が目立つようになってきました。行ってないのでわからないですが、琵琶湖方面はこれからでしょうか?

実は、今ある物を物欲中。今日も色々と見て回ってました。雑誌やインターネットで調べてある程度絞ってはいたのですが、実物を見て触ってすると印象がだいぶ違ったりしますね。かえって現物を見てからの方が悩み始めました。でも、買うと決めるまでのこの期間が実は一番わくわくして楽しかったりします。う〜、悩む〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

ハルサクハナ

伏見区、桂川堤防にて。

R0013662

R0013663

R0013666

黄色って、どうも適正露出の判断に悩む。

R0013669

R0013675

R0013680


鷲宮神社にて。

R0013706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサクラ

宇治川にて。

R0013603

R0013604

R0013606

R0013608

R0013613

R0013616

R0013620

R0013621

R0013624

R0013626

R0013644
(以上、全てC-PLフィルター付き)


伏見区、桂川近辺にて。

R0013651

R0013654

R0013657


鷲宮神社にて。

R0013708

R0013716

R0013717

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイリアン

4月5日のこと。

ゆりかもめからの景色。ゆりかもめって普通の鉄道と比べても思いの外乗り心地悪いよね。

R0013733

東京お台場にある日本科学未来館で開催されている、エイリアン展に行ってきました。

R0013739

オカルトやホラー、SF映画をはじめ、深海生物や極限環境の奇形生物、宇宙の観測情報や、科学者たちの研究成果など、エイリアンにまつわる題材を至ってまじめに取り扱った展示会。内容は、親子そろって楽しめるように少しやさしめにされていたかな。もう少しディープなものでもよかったかも。

6月16日まで開催されています。きもかわいい系、ぐろかわいい系がお好きな方は是非。

お台場の景色をいくつか。

R0013750

R0013754

R0013756

R0013749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトコンテスト

4月5日のこと。

第3回リコーフォトコンテスト展」を見に、ギャラリーセンタービル6Fにある銀座洋協ホールに行ってきました。

R0013729

実は、応募しました。まぁ、普通に入選しませんでしたけど。ただ、応募総数約1,100点全部展示されるとのことで、今回都合よく関東に来ましたので足を運びました。

R0013727

いやぁ、PCの画面で見るのと実際にパネルにしていただいてみるのとではやはり違いますね。沢山の応募を見ていると、自分の撮ったのなんかまだまだと思う反面、入選は果たせなかったけどこうして展示していただけたのはうれしくもありました。実は去年の秋にあった前回も応募しました。初めての応募で、もちろん入選はしなかったのですが今回のように展示していただいていて、見に行く都合が付かず残念がってたんですよね。いや、見に行くことできてよかったよかった。次回は是非、大阪あたりでも展示していただけるとうれしいです。

R0013726

ちなみに応募したのはこれです。パネルにされて思ったのは、もう少し露出上げた方が見栄えよかったかな〜ってこと。まあ、それ以前にもっとインパクトのある構図でないと駄目ですね・・・。

前回に応募したのはこちら。

プロの方や入選された方はもちろんのこと、他の展示されてる作品をみても自分はまだまだだと思い知らされました。特に同じカメラの方の作品を見ると、こんなのが撮れるのねと感心しましたです。これにめげずに、いい写真を撮れるように精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュンレイチ

4月5日のこと。

大宮からさらに北に進み、まさに風光明媚な閑静な住宅地にある東武伊勢崎線鷲宮駅。

R0013693

ここから徒歩10分ほど。あるジャンルでは非常に有名な神社、「鷲宮神社」です。

R0013697

え〜と、すでに右の方が他の神社とは少し違った雰囲気を醸し出してますね(汗)。
正直なところ、私は原作もアニメも見たことがないのですが。ただ、この神社がモデルとなったことでファンのある意味巡礼地となっていると聞き、ちょっと歩を進めて見に行ってみようかなと思い。

R0013698

境内はちょうど桜が満開でとても綺麗です。

R0013701

評判になってる絵馬。

R0013715

R0013702

うーん。噂には聞いていましたが、すごいです(笑)。ファンではない一般の方も見ながら言ってたんですが、みんな絵上手いね。「俺の嫁」系のが多かったかな。「九州から来ました」とか「北海道から来ましたが何か」とかみんなすげー。今まさに絵馬にすんごく集中して書き込んでる人たちも何人かおられました。

R0013703

お社自体は当たり前だけどいたって普通。むしろぶっちゃけ田舎の神社にしては、こぢんまりしていますが荘厳な雰囲気がありました。

R0013705

R0013707

痛車、痛単車な方も何台か見受けられました。「俺の嫁」を助手席に座らせてるのはさすがにビビった。

R0013719

立て看板で知ったのですが、本日6日に神社前の大酉茶屋3周年市、感謝祭・特別住民票交付式が行われた模様。すんごい盛り上がりだったんでしょうね。

いや、尊敬の意味でオタクパワー恐るべし。うちの実家の神社も是非どなたか原作に使ってあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COLOROCK LIVE 2008 in Saitama

4月4日のことですが。「マイティア美瞳 プレゼンツ 矢井田瞳 COLOROCK LIVE 2008」埼玉公演。大宮ソニックシティに行って参りました。午前中用事があって、大丈夫とは思ったのですが時間にちょうど間に合ったのでほっとしました。

実は学生の頃、この辺に住んでいたことがあるので若干の懐かしさがあります。と言っても住んでたのは2駅離れた所で、この近辺の1区間というのは非常に距離が離れていて、2駅も離れれば十二分にこの大宮駅前とは全く違う風光明媚な景色が開けてくるのですがね。そう言えば、当時初めてこの近辺にやってきた時は、遠くを眺めても山一つ無い平地に驚いたものでした。それまで平地が少なくほとんどが山地が占めるお国に住んでいたもので。

R0013690

さてライブの方ですが、関東でもヤイコの盛り上がりは最高でした。関東の方が若干視聴の仕方が上品かな。関西人はなんの気兼ねもなく普通に話しかけますからね、お客さんがヤイコに(笑)。今回のアンコール曲はヤイコのライブでは定番のアレでして、すんごい飛び跳ねましたよ。

京都大阪、そして今回の埼玉と「COLOROCK LIVE」十二分に楽しむことができました。本当ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »