« コウノトリ ト ゲンブドウ | トップページ | ナカアキノツキ »

2007/09/24

ソトユメグリ

土曜に引き続き、旅の途中。今日日曜日のテーマは温泉です。

宿泊地「みはら荘」で朝の食事。大広間でいただきます。食事も美味しかったし宿の方もアットホームな雰囲気で、今回は大満足なお宿でした。

R0010945

宿の前にて。

R0010946

クルマをちょっとの間置かしてもらって、近くの気比の浜へ。宿から歩いて2〜3分で行けます。昨日宿に着いた頃から天気は下り気味で夜中には結構雨も降ってました。今日もどんより曇り空(結局雨には祟られませんでしたが)。晴れてると景色いいんでしょうけど、おかげで暑すぎず寒すぎず。少し蒸し蒸しするかな。でも、浜風が心地よかったです。

R0010948

浜辺がキャンプ場にもなっていてテント張ってる人たちいっぱいいました。小さい兄弟二人楽しそうにしていたので、ちょっと後ろから。

R0010953


さて、先に書いたとおり今回のテーマは温泉です。宿を後にして、クルマで6〜7分。やってきたのは城崎温泉。ここは宿の中にある内湯よりも、外湯めぐりが有名。要は7つある日帰り温泉施設のハシゴですな〜。というわけでここで外湯めぐりをして温泉三昧と洒落込もうというわけです。

駅前の駐車場にクルマを駐め、まず一つ目。駅のすぐ近くにある「さとの湯」。外は古風な造りですが、中は現代風のいろいろな種類の湯船があるタイプ。2階と3階に湯船があり、3階の露天風呂からは円山川の景色が拝めます。面白かったのはペンギンサウナ。ペンギンのいるサウナ・・・ではなくて、0℃の部屋でのミストサウナ。湯船につかりすぎたり別のサウナでほてりすぎた体を冷やすのにちょうどいい感じでした。男湯と女湯は日替わりで交代するらしいです。次くることあったら違う方楽しみたいですね。

R0010955

さとの湯前の足湯、のお湯出してる置物。他にも街には各所足湯、飲泉場があって安上がりに温泉楽しむことできます。

R0010957

城崎温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉。無色透明で、飲むとちょっとしょっぱいです。

R0010961

温泉街に流れる大谿川。風流です。

R0010963

R0010967

次行ってみよう〜。街の中心にある「一の湯」。「洞窟風呂」って看板にありますけど、まぁちょっと大げさかな(笑)。湯船の種類も多くなく古風な雰囲気。

R0010969

2件目にして、既にお疲れ気味(笑)。一の湯館内でハーゲンダッツ食べてしばし休憩〜。既にお昼が過ぎましてどうしようか迷いましたが、もう一つ入ってから食事にすることに。

3件目。門構えが荘厳な「御所の湯」。

R0010975

建物前の池に蓮の花が咲いてました。

R0010976

休憩所の雰囲気もちょっと他の所と違います。

R0010979

湯船は、さとの湯ほどではないですがいくつか種類があり、なにより明るい雰囲気の浴場から外を見ると高台から滝が流れて、視覚効果でまるでその滝から温泉が沸き降りてるかのように見せているところが素晴らしかったです。色々回るのではなくて腰を落ち着けて景色を楽しめる所でした。

程よい気だるさと空腹感を引き連れて、お昼休憩。御所の湯の向かい側にある「をり鶴」。

R0010980

どうしようか迷ったんですが、我慢しきれず1杯だけ飲んでしまいました、生ビール!! ま、今回は他に見て回る所も決めていないので、酔いが完全に覚めるまで出発は見合わせここでゆっくりします。ぷはー。んまー。

今回のスマッシュヒット。赤バイ貝あぶり。バイ貝は10数年前に富山行って初めて食べてから特別視してる食材の一つなのですが、今回のこれも、んまかったです。生での刺身のコリコリ感もいいですが、あぶったことによってコリコリ感が少し和らいで適度な噛み応え、んで、噛むごとにしみ出るジューシーさと香ばしさ、んー、んまい〜。

R0010982

にぎり定食。こちらも美味しかったです。今日ここで泊まりならもう一杯頼んで、腹一杯食べてたことでしょう。

R0010984

一杯だけではありますが、飲酒は飲酒なので酔いが完全に覚めるまでクルマは出しません。街をまったりと散歩。

城崎温泉元湯。

R0010994


極楽寺。

R0010990

R0010989

曇っていますが、昼過ぎから少し蒸し暑くなってきました。晴れてると倒れてたな。まぁ、外湯めぐりには最適だったかと。

ロープウェイで大師山の山頂に登りました。

R0011003

城崎の街が一望できます。

R0011007

途中駅にある温泉寺本堂。

R0011018

多宝塔。

R0011015

麓降りてきてから元湯前にある城崎ジェラート カフェChayaで、城崎ジェラート食べました。マンゴー味。

R0011021

最後に地蔵湯につかって最後の汗を流しました。う〜んと、取り立てて湯船は特徴はないかな〜。一の湯もそうでしたが、地蔵湯も結構湯船が深かったです。古風なタイプは深いのかな?

R0011022

さすがに7つ全部を一日で回るのは厳しかったので、また次の楽しみに取っておきます。

午前中は近所のおじさんおばさん的な人が多かったですが、夕方になってから浴衣姿で外湯めぐりされる方が増えてきました。大谿川をケータイで記念撮影している後ろ姿をこっそり撮影(笑)。温泉町には浴衣が似合いますね。

R0011023

ここでもう一泊でもよかったんですが、酔いもちゃんと覚めましたし帰ることにしました。今度は高速は使わずに下道で国道9号をず〜と。途中道の駅丹波マーケスで夕ご飯。黒ラーメン。黒ごまをを入れた担々麺。スープの色が独特ですが、黒ごまの風味がきいた担々麺です。

R0011026


午後5時過ぎ城崎温泉を出て家に着いたのは9時半過ぎでした。丹波マーケスまでは屋根開けて走ってました。家近くが雨降ってるっぽいこと情報が出てたので、残念ながら丹波マーケスからは屋根閉じましたが、外気温23〜4℃と久しぶりに心地よく走れましたです。途中中国自動車道で宝塚から渋滞とか出てたので、蒸し暑い最中渋滞に巻き込まれること考えれば下道で正解だったかと。

本日は、温泉三昧の一日でした。体がほぐれて満喫できましたが、その分スタミナも存分に使ったようで、3連休の最終日は寝て過ごしてました・・・。ま、おかげでblogも休み中に更新できたし、今回は宿もそうだったけど全体的に大満足な休日でした。

|

« コウノトリ ト ゲンブドウ | トップページ | ナカアキノツキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソトユメグリ:

« コウノトリ ト ゲンブドウ | トップページ | ナカアキノツキ »