« Die Hard 4.0 / Live Free or Die Hard | トップページ | ゴリムチュウ »

2007/09/01

タイメシ

「『タイメシ』行きましょか!!」と誘われて、一瞬、南アジア風の音楽と民族衣装で女性が踊ってる姿を思い浮かべた、だなんて口が裂けても言えません〜。


今日は、周りの人と呑み会でした。

訪れたところは、京都祇園にある「鯛めし 石野銀平」さん。と言うわけで鯛飯会席を食べさしてもらえるお店でした(って普通タイメシと言ったらそうっ!)。和歌山、大阪、神戸、中国の大連にも手広く店舗を出されてる「魚匠 銀平」さんから暖簾分けされて京都に構えたお店なんだそう。うっ、もうこの時点でかなり惹かれました。

R0010578

その季節に捕れた新鮮な魚を調理していただけます。

つきだしの時点ではちょっと半信半疑ではあるんですが、なんか上品な感じで期待していいのかと自問自答してました。祇園とかって結構場所代が大きかったりしますし。

R0010579

お造りが出てきて、すでに「おー!!」って感じ。なんか信じて突き進んでよさそう。

R0010580

メインで調理していただける食材をこの中から自分で選びます。どれを選ぶべきか悩むー。私が選んだのは後ほど。

R0010581

選んだ食材が調理されるまでに軽く。キノコの土瓶蒸し。なんか汁がいいダシ出てて、んまんま。

R0010582

もずく酢、あっさりちゅるちゅる。

R0010583

さっき自分が選んだ食材を調理してもらったやつ。私は鯛のお頭を塩焼きしたの。最初どうやって身を食べるのか躊躇したけど、なんかカニ料理のように無心でほじくり返してました(笑)。

R0010584

ほかの食材を選ばれた人の、例えばサンマの塩焼とか焼いた皮が焦げてめくれあがった見た目・薫りだけでご飯一杯食べれそうでした。選ばれた人も「普通に食べてるサンマと全然違う」ときれいに平らげられてました。煮魚選ばれたほかの方のを少しもらいましたが、こっちも旨かった。醤油煮た独特の薫りって、ほんとたまりませんよね。

上品なたたずまいの、天ぷら。新鮮な食材の場合、つゆもいいですけど、塩がいいかんじですよね。

R0010585

お店の名前にもあるように、お薦めの鯛飯!!
しまったー、最初身をほぐされる前の鯛丸々の姿撮っておけばよかったー!!
いや、しつこくなくそれでいて独特の風味で、超うまうま。何杯でもいけるー。

R0010586

最初生ビールでしたが、やはり魚には日本酒やね。今回飲んだ冷酒(の空き瓶〜)。右はかなりフルーティー。左の方が辛口目。でも、どっちも飲みやすくて、んまかった。

R0010587

焼き肉とかも美味しいですけど、ついつい最後の方とか勢いだけで口に運んだりになりがち。ですけど、今回は最初から最後まで全く飽きもなくテンションを保ったままいただけました。むしろ物足りなく感じてしまうくらい。

次、冬のお薦め「くえ鍋」で再度相まみえたい気持ちでいっぱい。お店の人の話では11月から年内いっぱいがいい感じだそうです。天然物を食べると養殖物なんかお話にならないとか。うー、むちゃ食べたい〜。


最後今回の周りの人たち。画像は小さめで(笑)。む、さすが広角、撮ってる自分以外全員入ってると思ったら、影に一人隠れてしまった〜。さすがにそれは広角レンズでも無理です。

R0010588

|

« Die Hard 4.0 / Live Free or Die Hard | トップページ | ゴリムチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55848/16300667

この記事へのトラックバック一覧です: タイメシ:

» 焼肉の皇帝 はねした・ざぶとん [自由にワインを楽しむ]
[続きを読む]

受信: 2007/09/01 12:15

« Die Hard 4.0 / Live Free or Die Hard | トップページ | ゴリムチュウ »