« なのでここへ登場するはずだったの(BlogPet) | トップページ | オンセンメグリ4 »

2007/04/28

トイナビ

ナビ買いました。ヨーロッパで流行ってるPND(Personal Navigation Device)というタイプで、日本では一部でトイナビとか言われてたりします。

買ったのは、マイタックのMio DigiWalker C323と言う25日に発売されたばかりの機種。

Cimg2850

HDDとかDVDとかじゃなくて、フラッシュメモリーにOS(Windows CE.net 5.0)、プログラム、地図データを収録しています。C323の場合は、2GB。126mm(幅) ×81mm(高さ) ×20mm(厚さ)のサイズで190gとコンパクト。タッチパネルで操作します。液晶のサイズは4.3インチ。バッテリー内蔵、ナビゲーション時で約4時間半もちます。電源供給口はミニUSBタイプになってて、クルマのシガーソケット用アダプタ、家庭用ACアダプタ、USBケーブルが付属しています。ミニUSBなので充電手段が豊富なのがいいですね。

取り付けは至って簡単。クルマへの配線は全くなし。本体にはコンソール上に吸盤で貼り付けるタイプのアームが付属していますが、私のクルマの場合はコンソールに革が貼り付けられているので、これは不採用。ドイツHR(HERBERT RICHTER)社のエアコン吹き出し口に取り付けるタイプのマウントを別途購入して、取り付けることにしました。ちなみに本体付属のアームも実はHR社製。HR製の各種マウントが利用できるので、いろんな方法で取り付けが可能です。

これがHRのマウント。
Cimg2851

エアコン吹き出し口に取り付けたの図。
Cimg2853

本体に付属しているブラケット。
Cimg2852

HRのマウントに取り付けたの図。
Cimg2854

んで、本体を取り付けたの図。ブラケットへの取り付け取り外しは簡単にできます。
Cimg2855

実は発売日の25日にすでに入手して、早速次の日から使用しています。最近のナビはGPS情報だけでなくてその他いろいろなセンサーで位置補正して、ビルの建ち並ぶ道やトンネル内でもばっちり現在地を表示しますが、こいつはGPSのみ。果たしてどうなんだろうと思ったんですが、結果から言うと結構正確。停車時や交差点で方向転換するとき、曲がりくねった道路とかでは方角が少しふらふらしますし、高架下とかだと少し道から外れたところにいたりしますけど、道なりの走行では結構いい感じで現在地を表示してくれます。ナビゲーション表示は、少し字やアイコンの表示が小さいですが、案内もわかりやすいです。

実は私、初めてのナビだったりします。果たして20万30万の高性能なやつ買ってそんだけ活用するかな〜自分? と、尻込みしてたわけ。なので、そう言う高性能なやつと比べようもないのですが、バッテリー内蔵で取り外して持ち運ぶことができるので、クルマから離れてからの地図代わりになったり、家でゆっくりルート設定できるというメリットありますね。

ま、2DINフルサイズの20万30万するHDDナビに比べれば確かにトイです。なにせ値段も46,800円。
でも値段の割に結構やるやん〜、満足満足!!

|

« なのでここへ登場するはずだったの(BlogPet) | トップページ | オンセンメグリ4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイナビ:

» Mio DigiWalker C323(マイタック:モバイルナビゲーション) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「Mio DigiWalker C323(マイタック:モバイルナビゲーション)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ... [続きを読む]

受信: 2007/05/22 21:37

« なのでここへ登場するはずだったの(BlogPet) | トップページ | オンセンメグリ4 »