« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/30

407 Coupe!!

Nikkei Tech-On!(要ユーザー登録)の記事より。

おおお!! プロトタイプを2005年のジュネーブショーで公開し、絶対出るだろうとは思ってましたが、ついに発表されました、Peugeot 407のクーペ版!

06l

406クーペと比べて一回り大きく、室内スペースはゆったりと。407セダンと比べても、ホイールベースは同一の2720mmですが全長が140mmほど拡大しており、オーバーハングはフロントで55mm、リアで85mm延長されてます。逆に全高は55mm下げたため、重心高が25mm下がっています。また、フロントとリアのトレッドも拡大しているらしいです。

オーバーハングが延長され全高が下げられたおかげで、横から見るとすごく伸びやかな印象です。特に私はお尻がかなり気に入っちゃいました!

03l

セダンのお尻も嫌いではないですが、顔の割にちょっとインパクトないかなと〜思ってたので。

発売時期や値段はまだ不明です。クーペスタイルのクルマ、私とても好きなもので、もし307CC購入時にこれ見てたら延々と悩んでたことと思います〜。

この407Coupe、第61回フランクフルト・モーターショー(一般公開日:2005年9月17〜25日)で公開されるそうです。

いや、ぶっちゃけ欲しい!宝くじ当たって〜。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/29

ドックアケ(BlogPet)

書き換えしなかったため
書き換え時はネットで前回の書き換え行ってクルーズコントロールプログラムには見えないのか、というか静かに戻ったってことでドアを開けると「ピッ」
ってアラーム音が鳴るようになってみました
密かな期待を動作するように切り替えて晴れて正常に見えるバージョンアップの図てことで、あの表示は幻と化してしまいました
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大ちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

ソノタノシュウセイ

不具合対策以外に、ドック入りのついでに気になった点もいくつか診てもらいました。

クルーズコントロール不可
の件は、前回書いた通りです。

で、何故にクルーズコントロール不可に至ったかの元々の不具合、キーロックの件

CIMG1622

プログラムは結局関係なかったのは既出ですね。またキーロックからCPU、CPUから助手席側のロック機構に至る信号経路には特に異常はありませんでしたとのこと。ディーラーさんで試されたお話だと、どうやらキーでロックするために捻る動作が素早すぎると、ロックされた信号をうまく拾うことができずにCPUが判断できないのではないかとのことで、ゆっく〜り捻ってあげるとまず大丈夫ではないかと。試しに何回か捻ってみました。う〜む・・・確かにそう、かな・・・。ちと微妙ですが、大きな問題でもないですし、その情報を信じてしばらく様子みることにします。

もう一つ。
マルチファンクションディスプレイが高温時に見にくくなる件
。液晶使っててあの場所に設置されてる限り仕方ないことだろうと思いましたが、一応診てもらえるようお願いしました。「よくコネクタが抜けかかっててそうなることが多いんですよ。診ておきますね。」おお、そうなのか!

で結局のところ、接触不良のせいではなかって、あまりに表示が全体に見にくくなってるとのことで、ユニット交換していただけました。

おおお、こんな暑い日でもちゃんと見える見える!!

CIMG1620

どうやら前のタマがかなり温度に敏感すぎたみたいです。言ってみるものだ!
ただし、結局高温によって見にくくなるのは宿命の様で、しばらくしたらまた見にくくなるかもしれないですよと言われました。ん、わかりました。でも、とりあえずよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドックアケ

我が307CCクン、不具合対策から昨日帰ってきました。

で、違いは実感できるのか、と言うと。ん? 気持ち、アイドリング中や低回転時の音が滑らかというか静かになった・・・ような? いや、しばらく代車で、感覚ちょっぴり忘れてるので気のせいだと思います(笑)。

で、それより以前にプログラム書き換え行ってクルーズコントロールが効かなくなった件

直りました!

ディーラーさんのお話では、307CCのクルーズコントロールプログラムにはモデルによって何種類かの違いがあり、複数のプログラムが搭載されてるそうです。それで前回の書き換え時、私のモデルにあった設定になってなかったため、正しく動作しなくなったんだそうです。で、今回正しい設定に切り替えて晴れて正常に動作するようになった、というわけです。

さっそく、試してみました。

おお!ちゃんと使える使える(当たり前だってっ)。

CIMG1621

バージョンアップされて、走行距離計でのモード表示も・・・んん?クルーズコントロール使用中も普通に走行距離表示してます!?どうやら、私のモデルではモード表示されないのが普通だったみたいです。つまり元の状態に戻ったってことで、あの表示は幻と化してしまいました。密かな期待を抱かしてしまった皆さん、お騒がせしました・・・。

(幻と終わった目に見えるバージョンアップの図)
CIMG1322

てことで、結局ソフトウェア書き換えで目に見えるバージョンアップはなかったということに。もちろん違いはあるはずですがね。

あ、エンジンかけた状態でドアを開けると「ピッ」ってアラーム音が鳴るようになってました(前回の書き換え時からですが)。目には見えないですが耳に聞こえるバージョンアップです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/22

Volvo New C70(BlogPet)

きのう、太陽掲載するはずだった。
だからこそえむいなの、発表しなかった。
だからこそ北欧へえむいなと公表したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大ちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

ドックイリ

例の不具合対策で、今日ディーラーにクルマ預けてきました。一応22日完了予定ですが、取りにいくのは今週末になりますかね。

ということでそれまでの間、我が307CCクンとは暫しお別れ。で、その代役がこいつ。

CIMG1618

407は出払ってたので、かわりに406セダン・・・うそ!
むか〜しのマークIIです(笑)。って一目で嘘ってわかりますね(笑)。そんないいクルマお貸しいただけるわけないです。代車貸していただけるだけでもありがたいことです。

私の知ってるある国産車のディーラーさんでは、わざと(?)最新モデルを代車で出されるそうで、そのオーナーさん達はおかげで購買意欲をすごくかき立てさせられるらしいです。それはそれで困ったもので(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

ナツデスネ

307CC S16の方、206RCの方、あとシトロエン C4 2.0 VTSの方もそうですね、手のひらを低温火傷されてる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(苦笑)。

CIMG1230

明日からしばらく(たぶん1週間くらいですが)自分のクルマじゃなくなるので、昨日今日と意味もなくガソリン炊いてました〜。本当は今日ディーラーに預けにいくつもりだったんですが、のんびりぶらぶらしてたら遅くなってしまったので、明日持っていくことにします。もし待っててくれてたのでしたらごめんなさい〜、ディーラーさん。

しかしすっかり梅雨らしい天気も終わって。夏ですね〜。いたるところが、ちゅんちゅんに熱せられてて、エアコンでがんがんに冷やしても、革シートに蒸されてお尻から太ももがびっちょびちょ・・・ってわざわざ言わなくていいって〜。いや、さすがに今日の日中はもう屋根開ける勇気ありませんでした。

今日は久しぶりに道の駅あやまに寄ってきました。おそばは人気の様で、私が行った時は売り切れてたので、冷やしうどんすすりました。ふぃ〜、いぃのどごし。

CIMG1617

しかしこの暑さちょっとキツいッス。みなさん体調崩さないようお気をつけを。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

16000ニ

すいましぇん、15000から更新サボリ中・・・。って、15000の時にもよく似たこと書いてるがな(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

Volvo New C70

すっかり更新怠けてる間に、BlogPetのだいちゃんに微妙〜な投稿を2回もされちゃいました(苦笑)。

Nikkei Tech-On!(要ユーザー登録)の記事より。
Volvoからコンバーチブルカー「C70」の新型が発表されたようです。

C70_01

従来型同様4人乗りのコンバーチブルですが、今回はメタルトップ。それもなんと3分割!!どのような開閉動作なのかまでは、この記事に掲載されてる画像からはわかりませんが、どうやら屋根の部分が2分割されるものと思われます。サイズも公表はされていませんが、現行型とほぼ同じサイズだとのこと。4人乗りクーペカブリオレという意味では307CCのライバル、と言いたいところですがサイズ的にはどっちかというと407クラスですね。

C70_02

北欧スウェーデン原産のコンバーチブル。そんな寒いお国で〜と思っちゃいますが、「だからこそより太陽を」って思うのかなと考えると、なんだか納得してしまいました。

第61回フランクフルト・モーターショー(一般公開日:2005月9月17〜25日)で公開し、2006年の第1四半期に発売するとのこと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Photos / video - New 307(BlogPet)

大ちゃんがここで現行がアップしなかった。
でもえむいなの気持ちみたいなアップしたいなぁ。
でもえむいなとここまでえむいなは静止されたみたい…
でも大ちゃんがビデオに発売したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大ちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

15000ナリ(BlogPet)

きのう大ちゃんが、ここでひまみたいなblogしたかったの♪
えむいなのひまはblogすればよかった?
えむいなでひまへblogしなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大ちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

キチャイマシタ

「不具合対策のお知らせ」がプジョー・ジャポンから届きました。

つちだ。さんnojidonさんところにも届いたみたいですね。

CIMG1613

いや、事前にムサシノ通信の記事見て知ってたので驚きはないです。むしろプジョー・ジャポンのリコール関連情報のページにも国土交通省のリコール情報のページにもいっこうに掲載されないので、「いぃ〜、ほんまなん〜」と勘ぐってた次第で・・・いや、疑ってすいませんです、つちだ。さん。ちなみに7月5日23時現在で、まだどちらのページも情報掲載されてません。

対象は307CC S16です(ハンドル仕様は特に書いてないので、多分左右両方)。

S16オーナーの皆さんはもう封筒見てご存知でしょうが、

不具合内容は「エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、エンジンの回転を制御する電動スロットル装置の閉じ位置の検出が適正に行われない可能性があることが判明した」ためだそうです。この不具合状態が続くと「エンジン制御がシステム保護モードに切り替わると共に、メーターパネル内のエンジン警告灯を点灯させる場合がある」とのこと。

対策されたエンジンコントロールユニットのプログラムに更新する作業になりますが、更新作業終了後、制御システムが正しく働くことを確認するのにエンジンが冷えた状態から始める必要があるのだそうで、ディーラーの作業手順によってはお預かりになる可能性もあるとのこと。とりあえず、ディーラーに連絡、ですね。

クルーズコントロールもこれで・・・直らないという(と言うか使えていた人は使えなくなる)情報あり(しょんぼり)。(ヨコハマのKさんのコメント参照)

ちなみに、

CIMG1614

フランス語読みですかね・・・ってそんなことないって(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/07/03

10000up!!!

と言ってもアクセスカウンターではありません(笑)。おかげさまでそちらの方は、すでに10000突破しています。

今回10000を超えたのはこちらです。

CIMG1608

いつカウントアップされるかドキドキしながら走ってました。超えちゃうんじゃないかと(汗)。まあ今だけかもしれませんがね、こう喜んでるのも〜。

納車された時点で60km弱走行されてたので、この写真とってるときは自分自身で走った距離と言う意味では10000kmに達してなくて、帰宅したくらいがちょうどくらいですかね。307CCオーナーの方はけっこう遠出好き(?)みたいで、皆さんに比べればまだまだ私なんか駆け出し程度。とは言うものの、ちょうど9ヶ月でこのマイレージは私的には結構なハイペースです。これからもよろしくです、307CCクン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

15000ナリ

順調に見に来ていただいてますが、14000からちとさぼり気味・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

Photos / video - New 307(BlogPet)

大ちゃんは、えむいなと現行もデザインしなかった?
でもきょうは、モデルが静止した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大ちゃん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAR OF THE WORLDS

宇宙戦争です。見てきました〜。

で、感想は・・・う、うむ。いや実はちょっと微妙。

見応えは十分にあると思います。でもちょっと、エンディングへの持っていき方が・・・。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、ちょっとなあ。・・・戦争とは言わないわな。スピルバーグらしい作品と言えばそうですね。私が変な期待を持ちすぎたのかもしれません。

しかしダコタ・ファニング、またまた名演技でしたです。

封切り2日目で見に行くなんて、えむいな的にはなんと珍しい〜。てか最近映画づいてるな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »