« 1st Anniversary | トップページ | IXY x PEUGEOT »

2005/03/08

カンソウシナイ!

2005年シーズンFormula 1がとうとう始まりました。

今年は予選スケジュールの変更、マシンの空力制限、予選/決勝での原則的タイヤ交換禁止、2レース1エンジン規定etc.と盛り沢山のルール変更、史上初の19戦開催と、近年見ない超盛り沢山のレギュレーション変更。果たして、ここ最近滅多に見られなかったコース上でのバトルは見られるのか・・・。

で、第1戦オーストラリアは、予選の天候不順とも相まって予想とは違った順位結果、かな??
思っていた以上に完走率が高かったのもちょっと意外。
フィジコは、初の表彰台真ん中(正確には2回目だけど)。今まで速い速いと言われ続けてて、ず〜っと鳴かず飛ばずだったので、ようやく日の目を見たって感じでしょうか。おめでとうです。
私の一番、シューミは残念!でもそういう時に相棒、ルビーニョがきっちり2位を押さえている所、やはり今年もフェラーリ侮れずです。
しかし、今年はテストでも好調だったルノーがなんだか旋風を巻き起こしそうな予感。まだまだ19戦あるうちの1戦ですからわかりませんが。「どうせフェラーリじゃん」とはならないかも!?


で、タイトルの話しになるんですが、このBARの行動はどうなんでしょう・・・。

【ホンダF1】BAR、レギュレーションの抜け穴を突く(from Response)

正に2レース1エンジンルールの抜け穴です。開催前から懸念されていた事ではありますが・・・。
確かにレギュレ−ション違反ではないですが、完走できるのにしないのは果たしてレースと言えるのか!?
そういえば、シューミもなんだかわざと完走止めたような・・・。う〜ん。チームを責めるつもりはないですが、ファンから見れば興ざめです。

あと、予選のドタバタに引きずられたせいというのもあるですが、いまいちBARの去年までの鋭さがなかったのも、ちと不安です。

|

« 1st Anniversary | トップページ | IXY x PEUGEOT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンソウシナイ!:

« 1st Anniversary | トップページ | IXY x PEUGEOT »