« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004/11/30

ゴトウチナンバー

“ご当地ナンバー”導入、要綱決まる(from Response)

ご当地ナンバーを新設できるのは、自動車の登録台数が計10万台以上の市町村の集合体。使用できるのは、「紀州」「加賀」といった旧国名や、「仙台」など行政区画など、一般に認知されている地域名です(仙台ナンバーってなかったんだ!)。ただし原則漢字2文字(例外として4文字までは認められる)で、ローマ字は認められないそうです。05年5月末まで都道府県からの要望を受け付け、登場は06年度になるとのこと。

つまり、「伊豆」「会津」ナンバーができるかもですね。
「紀州」はどうよ!? いや、紀州の方を馬鹿にしてるのではなく、生まれと育ちが紀州なものでわたくし。

う〜ん。でも、私はこれに関しては正直あまりこだわりはないなあ。


それよりも、ナンバープレートのデザイン自体の変更をぜひっ!!

もし欧州各国の様に横長デザインになれば、国産車の欧州への輸出や逆に欧州車の輸入でも、ナンバー周りのデザイン変更をせずに済むし、フロント側はエアインテークや空力デザインの邪魔にならなくなる等、いい事があっても逆にデメリットは無いような気がするのですが、どうでしょう? 一気に全てのクルマをというお役所考えでは変更コストもかかるでしょうがね。国産車なら今後発売されるクルマから、欧州車なら希望者からとか、徐々に自然切換えしていくのならいけると思うんだけどなぁ。

もし実現すれば、私のクルマの『こまったちゃん』も一気に解決・・・なんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリフン

困りますよね。空や木の上で粗相するなんて、なんて下品な。

私はクルマの常備品として、ペットボトルに水を入れて後部座席の足下に転がしています。やっぱ、ラテンのクルマはオーバーヒートするかもしれないから・・・というのは冗談で(あってほしい)。鳥糞の簡易除去用の為です。私の普段停めている所は、家からちょっと離れた青空駐車ですぐ隣に電柱があるので、よく「あー、またやられてるぅ」ってことがあり、ちゃちゃちゃとすぐ拭き取ってあげたい時にその水とティッシュが重宝するんです。これからの季節になると、そのペットボトルの中身がお湯に変わって、窓の霜取り兼、暖気中のカイロ代わりに活躍していきます。

で、今日は別の場所での事ですが広範囲な爆撃を受け「これはペットボトルの水では埒が明かん」ということで、いつものノンブラシ洗車場に。日曜日に洗ったばっかしなんだけどな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/29

バックソナー

CIMG1152.jpg

307CCのS16グレードには標準でバックソナーが付いてきます。

バック時に後ろの障害物を感知し「ニ、ニ、ニ、ニニニニニ、ニ〜〜〜」と教えてくれるものです。写真のナンバープレートの下にある丸っこいやつがセンサーでして、両テールランプ辺りの下に2つ、ナンバープレートの両端辺りに2つ(写真)の、計4つのセンサーが設置されています。このくらいのサイズのクルマに必要なの?と、言われれば無くてもそう困りません(笑)。でも、307CCってお尻がぽっちゃりしてて、決して視界がいい訳ではないので、あればあればで便利です(現金な奴)。なのですが・・・。

このバックソナーがちょっと困り者なのです。
妙に過敏に反応しすぎてしまうようで、何も無いところでも「ニ〜〜〜」と鳴り続ける時があるのです。初回点検時にその事をディーラーの方に言うと、考えられる原因は、雨天時に滴り落ちる雨粒に反応してしまうのと、ナンバープレートの影をソナーが拾ってしまうことの2点があるそうです。思い起こしてみると確かに雨天時だったかなと思い、その時は仕方ないかと納得していました。まあ、雨の時こそドアを開けて後ろを見ながらのバックはしたくないところなので、ソナーの威力を発揮してほしいところではありますが・・・。

で一時は納得してたのですが、その後どうも晴れたときでも鳴り続ける時がある事が判明。ナンバープレートが原因かと思い、トランクオープナーの修理の日に一緒に見てもらう事にしました。初回点検時に、プレートの角度調整でソナーに被らないようにできるとお聞きしていたので。・・・だったのですが、どうも過去そのディーラーで同じ症状で来られた方のクルマは自光式のナンバーだったらしく、その場合は角度調整できたのですが、私のような普通のプレートの場合どうも無理だとの事・・・。う〜ん、残念!

ただし、このような症例は他のディーラーでもちょくちょくあがっていて、プジョー・ジャポンでも把握しているとの事。もしかしたら、何かしらの対策を打ってくれるかもしれません。でも、本国やヨーロッパ各国では細長いナンバープレートですから当然ナンバーの影でということは起こらず日本特有の弊害だから、不良と言う訳でもないしな・・・。ここは、プジョー・ジャポンに頑張ってもらいましょう!

考えられる対策としては、真ん中2つのセンサーの位置または照射角度を変える・・・かな??
ちなみに、S16でないグレードでもオプションでバックソナーが付けれるそうですが、その時はリアコーナーに2つしかセンサーが付かないとか(つまりリアコーナーセンサーということね。付く場所は一緒なんでしょうか??)。

ま、まさか真ん中2つのセンサーを殺してしまうとかの対策は・・・それはちょっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

トランクオープナーフッカツ

トランクオープナーの不具合ですが、予定通り今日ディーラーに行ってきて、無事直りました。

作業内容を詳しくお聞きするの忘れてしまったんですが、調整と噛み込まないようにする対策で、ボタン部分を取り外しての作業との事で、だいたい1時間くらいかかりました。

0ボタンを押して「カチャ」っと開けて、閉める時には「カッチャ」と閉まる。いや〜できるのが当たり前なのですが、閉める時に最後に「・・コッ」が無くなったのが、妙にうれしかったり(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/11/26

スプラッター2

前回の予言通り、と言うか予想よりも早くに、さらに親知らずを抜くことになりました。右上のやつです。

残ったもう片方の左下のは、先週の金曜日に穴ぼこを樹脂で埋め、上に被せる金属の型取りをしました。で、今日その金属を被せる日だったんです。右上はそのように穴を埋めるようにはいかないらしく「近々傷みだして抜くことになると思いますねえ。どっちにするか(抜くか抜かないか)はお任せしますけど。」とは言われてました。でも、傷みが出ない様なら1本抜いて間がないし暫く置いておこうかなと思ってました。

ですが、この月曜日に、狙ったかのように急激な痛みが!
常時ではないんですが時間によってジンジンし始め、あるタイミングで神経を直接針で突かれるような痛みがっっっ。いや、もう今までの親知らずの時に比べても一番の激震でした。ですので、今日思い切って抜いてもらうことにしたのであります。今回は左上の時の様にスッポ〜ン、とはいかず少し時間かかりました。思ったより根っこが深かったのと、歯茎から出てるところがもうボロボロで、引っこ抜くための器具で巧くつかめなかったからとの事。
しかし、歯を抜くのって、まるでマンガのようなほんとすんごい器具で抜くんですね。ゴリゴリゴリ、スポーンってな感じ。もちろん麻酔してもらうんで痛くはないですけど、けっこうビックリです。

という訳で、またもや口の中はスプラッタームービー状態です。
おかげで全ての親知らずの治療が施され、他の歯にこびりついてた歯石も取ってもらいスッキリしましたけど。なんか歯石取り除いてもらった後って歯の間がスースーしますね。

歯医者さんですが、1本残った左下の親知らずの隣の奥歯も治療しておいた方がいいと言うことですので、後2回は行かないといけないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

サイキンノコメント

サイドバーのコンテンツに「最近のコメント」を追加しました。

いえ、こんなblogに入れていただける奇特な方のコメントを埋もれさすのは失礼だ、と思いまして。って、いざ表示させてみると半分は自分じゃん・・・。これじゃあ、自分のコメントを埋もれさせたくなくて追加したみたい(苦笑)。いえいえ、コメント入れてくださった皆さんありがとうございます。

「最近のトラックバック」も表示しようかどうか、迷ったんですがやめました。一応、一つトラックバックしてくれているんですが・・・。もし、増えるようならばその時に・・・。増えるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

トウキョウドームチケット

12月23日のヤイコ東京ドーム公演のチケットが、今日届きました。

「Single collection/Yaiko's selection」に封入されていた先行予約にて当選したものです。正直忘れとった!お、アリーナです、ラッキー。でも、東京ドームのアリーナ座席図ってどこで調べれるんだろう??

上述の先行では、12月18日の大阪ドームは駄目だったのですが、こちらはサークルKサンクスの先行予約で既に9月末に入手済み。こっちは残念ながらアリーナではありませんで、三塁側スタンド下段ですが。

いや〜、モード入ってきました!うんうん。

でも、やっぱし名古屋での年越しライブは、今回は辞退しようと思ってます。おうちで家族と、のほほんと過ごします。幸運にも行かれる方、盛り上げてきてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒエイザン

今日は少し趣を変えて、比叡山に登ってきました。

正に山吹色に染まった山道をオープンで走るのは気持ちいかったです。山頂はちょっと肌寒かったけど。

CIMG1127.jpg

で、これは途中の休憩所で琵琶湖を見下ろしながらのショット。多分、登った人は誰もが一度は撮るであろう変哲のないショットですね(笑)。ほんとはもう少しいい感じのやつを載せたかったんですが、帰って見返してみるとどれもいまいちでした・・・。

あ、奇麗な風景をバックにクルマを撮ろうと思ってたのにっ。・・・撮るの忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/22

トランクオープナー

307CCは、トランクリッドに奢られる「307 CC」エンブレムの「0」の真ん中部分がボタンになってまして、そこをポチッとなと押すと、トランクリッドのロックがカチャっと外れトランクを開けることができます。

CIMG1125.jpg

おっ洒落ぇ〜。元々は兄弟車607で使われたアイデアらしいです。まあちょっとしたアイデアなんですが、こじゃれてて気に入ってます。初めて見る人にもウケがいいです。


・・・なんですが、昨日のドライブから帰ってきて、洗車し終わって荷物を積み降ろして、さあトランクを閉めようとすると「カッチャ・・コッ」。

ん?何ね、最後の「コッ」って??

結構307CCのトランクリッドって、でかくてグァバぁって開くので、閉めるにも多少勢いが必要です。ですので、ちょっと勢いが足りなかったかな、と再度もう一度。

「カッチャ・・コッ」。ん!?な、何じゃ?「カッチャ・・コッ」。「カッチャ・・コッ」。何度やってもちゃんと閉まりそうにありません。

・・・。も、もしかして!?
予想は当たっていました。

お洒落でこじゃれたオープナーボタン君は、押されたまま入り込んでしまい戻らなくなっていたのでした。当然ロック解除の状態ですので、何度「カッチャ」と頑張っても「コッ」と突き返されるのでした。
ひ、ひえ〜、このままやと、トランク半ドア(トランクだから半トランク!?)状態のままやん〜、ディーラーももう閉まってるし〜。


かなりのアタフタ・・・。だったのですが、ふっと思うことがありました。307CCのトランクは、上述の方法以外にキーレスエントリーのロック解除ボタンの長押しでも開ける方法があり、盗難防止の為トランクリッドのボタンを無効にし、キーレスエントリーでのみ開けれるようにする機構が備わっているのです。も、もしかして、この機構を切り替えてボタンを無効にすれば!


・・・せ、正解でした。
ちゃんと「カッチャ」と閉まります(安堵)。キーレスエントリーのみでしか開けれなくなりますが、閉まらないよりは・・・。
今日そのことをディーラーに連絡しましたが、どうやらこの対処で正解だったようです。先に買われたオーナーの中にも同じようにボタンが噛み込んで戻らなくなった事例があって、そのようにオーナーに暫定対処してもらったそうです。とりあえず急がなくても良くなったので、スケジュールが合う今週末にディーラーに行って、直してもらいます。ふぃ〜。

ということで、もし307CCのオーナーの方(607も然りか)で同じ症状になった場合には、慌てず騒がずお試しあれ。と、いうか、あんたみたいに、そんな症状になりたくない・・・ですよねぇ(苦笑)。


ちなみに、トランクリッドのオープンボタンの有効・無効を切り替える機構の画像も撮ったのですが、よく考えたらそれ載せたら盗難防止にならへんやん、ということで載せるの止めました。まあ、わかると言えばすぐわかりますが。そういう意味では、オープンボタン自体目立たないようにして、盗難防止の役割を果たしてるのかもしれませんが、これは結構WEBとか雑誌でアピールされてますので(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/21

オコチャマ

夜中はかなり冷え込んできて、ラーメンがおいしい季節になってまいりました。

ここ最近は、こってり系だと食べた後に妙に喉元に残ってしまうので、塩ラーメンとかあっさり系を頼むことが多くなりました。嫌いではないんですけどね、こってり系。と、歳かなぁ・・・。

で、今日もオープンでのドライブで冷え込んだ体を温める為に、ラーメン屋さん。その時に、調理人がウェイター(ラーメン屋さんでウェイターでもないか)に、できたものを渡す時に「はい、おこちゃまら〜めん一丁ぉ」と!

いや、お子様ラーメンというメニューなわけですが、なんか妙にほくそ笑んでしまいました。さすがにウェイターの方がお客さんに渡す時は「おこちゃま」とは言ってなかったですが(笑)。「おこちゃまら〜めん」。ほんとにメニューにあったら、大人でも頼んでしまうかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R307

クルマを乗り換えてから、特に予定のない休日のすっかりドライビングコースになってるR307。シャレを狙ってる訳ではないんですけど、昔ほど狭くて通るのもやだって箇所も少なくなって、今の時期は景色も山吹いて、なかなかいい感じのコースです。

この時期はツーリング集団が多いですね。さらに今日は旧MINIが5台連なってるのに遭遇。最近の軽なんかより断然ちっちゃいクルマが連なって走るのを後ろから見てると妙に愛らしいです。

で、その集団の後ろを走ってる時の出来事。信号待ちをしてる時に、私のすぐ前のMINI1台を無理矢理バックさせて割り込むクルマが登場。多分かなりムッときたんでしょうね。信号が青になって進み始める時に、そのMINIが今の気持ちを相手にわからせるかのように空ぶかしをしながら走り始めたのでした。いい感じの集団だと思ってたので、少し興ざめ。気持ちはわからなくもないですけどね・・・。


それとは全然関係ないけど、ちょっと前に夜中信号待ちから青に変わって進む時に、思わずエンスト!!いや、クラッチ繋ぐタイミングを誤った訳ですが、後ろからクラクション鳴らされて、ご、ごめんよぉ〜とハザードでゴメンナサイ表示。こっちは当然のごとく屋根を開けていたのですが、たぶん「何ぃ、いきってオープン走ってて、エンストしてんねん!」て思われてるでしょうね。恥ずかちぃ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/18

トランスフォ〜ム

我が307CCを輩出した偉大なる(?)フランス自動車メーカー、プジョーの僚友シトロエンではC4というクルマがもうすぐ発売されます。日本ではまだ先でしょうが、いわゆるCセグメントカーで現行のクサラの後継という位置づけです。

そのC4のTVコマーシャルが彼の地イギリスでも11月15日から放映開始されたそうですが、そのフィルムではC4がとんでもないことになってます!!

こちらのイギリス・シトロエンのC4のページでも見ることができます。ページの左下にある「SEE THE TV AD」をクリック。(私の環境では、ちとFlashが重いっ)
また、こちらでは静止画像が見れます(from Response)。

いや〜、307CCも顔負けの変形ぶりですねぇ(笑)。

やっぱし、ボタン一つでできるんでしょうか。変形後は車酔い(ロボット酔い??)しそうだけど・・・。


余談ですが、シトロエンは今年世界ラリー選手権(WRC)マニュファクチャラーズ部門優勝を決めた「クサラ WRC」の後継として、このC4をベースにした「シトロエンC4 WRC」を翌2005年末より投入し、2006年にフル参戦させる予定であると2004年9月7日に発表していました。

ですが、ご存知の通りPSAプジョー・シトロエン・グループは、2005年限りでWRC活動を終了すると11月4日に発表しました。
「現在の自動車業界の置かれている厳しい状況を考慮して」とのことです。私はF1以外のモーターレーシングはほとんど無知に等しいですが、今自分が乗ってるクルマをベースにしたWRカー「プジョー307 WRC」が(今年は初投入ということでいまいちでしたが)後1年で見れなくなるというのは非常に残念に思います。

「シトロエンC4 WRC」は幻に終わるのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/16

1000コエタ

む!!
アクセスカウンターを設置してから、はや1ヶ月半。なんと、1000を超えてるじゃないですか!!

いや、近くの人には公言してないし、自分でもつまらないつぶやきだと思うし、もう絶対自分が見に行った数しか増えないと思ってたから、まあほとんどの方は読まずに単に通りすがっただけだろうけど、すなおにうれしいです。

近くの人のページより約、倍だなっ。まあ向こうはblogじゃないけど、というかblogも始めたんだけど4記事で止まってるし、その彼(笑)。それを考えたら、このめんどくさがりさんがよく続いてると思いますです、自分で言うのもなんですが。

あとは、文章力だな。いや、人の役に立つ記事を書こうとまでは思ってないけど、読み返してみると「何考えて書いてたんや〜」と、なんだか昔嫌々やっていた交換日記がある日突然見つかったみたいに・・・もうすでになってるもんなぁ。物書きさんって偉いよね。比べるなって!?

本記事は本当につぶやきだけで終わりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

MDデヤイコ

そうこういうわけで、やっとこさFMでないヤイコを新しいクルマの中で聞けたのでありました(単にそれが目的だったのです、ハイ)。

でも、ここで大(とまではいかないから小)失敗!?

お試しということで、とりあえずすぐ取り出せるCDをMDに落としたのですが、その時に「一杯入れれるからLP4でいいや〜どうせそんないい耳でもないし〜」と録音モードをLP4にしたのです。で、いざ再生してみると・・・。

う〜〜〜。なんかモコモコしてる、高音にヌケがないというか透明感が・・・。明らかにCDとは違う音に聞こえる。い、いや、これがクルマの中だとそんな気にならないんだよ、きっと。

・・・も、もっとモコモコしてるような気がする。なんかノイズのないFMを聞いてるみたいだ。

そうです。お試しなのなら最初は普通にSPモードにしておけばいいのに、ケチった私の初めてのMD生活は、コンポでもカーオーディオででも、悪〜い第一印象で幕を開けたのでありました。トホホ。


まあ、実際この環境らでMDを聞くのは(というかMD自体)初めてですから、思い込みが激しかっただけかもしれないですけどね。ぼちぼち、色々試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

イマサラMD、ソノ2

というわけで、MD録音機器購入へ。

絶対条件は、CDからMDに録音できること(笑)。あと、目覚まし代わりにFMチューナーとタイマー。あと、307CCクンに搭載されているMDユニットがMDLPに対応しているので、MDLP対応。
なので、最初MDラジカセ(のカセット付いてないやつ)でいいやと思っていました。しかし、色々調べていくうちにNet MDも対応してたら何かと便利かなと思い始め(結局使わないかもしれないが)、少しランクアップしてNet MD対応コンポの値段の安いのを散策。

最初見つけたのが、ケンウッドの「ES-3MD」をNet MDに対応させたJoshinオリジナルモデルである「ES-7NET」と機種。値段も、FM/AMチューナー搭載のNet MD対応コンポの中では割安。ほぼこれで決まりかけていたんですが、色々調べて行くうちに「少し作りがちゃちい」というある掲示板の書き込みを見てしまい少し消沈。いや、実物触っていないので、実際はどうなのかわからないですけどね。お買い得であることには変わりないし。

で、今度見つけたのが、ビクターのMDアオシスってネームの付けられた「SS-NT1MD-S」というやつ。
機能も願ったものが載せられており、スペックもなかなかっぽい。旧機種だとか販売終了とかではないみたいですが、発表されてから2年も経ってるので、当初の値段よりかなり落ちてきてます。デザインがコンポっぽくない為あんまし人気がないのか、ユーザーの感想とかがあまり見つけられなかったのですが、ホームページや当時の記事を見てみた限り音質的にもなかなか良さげです。まあ、私が今持ってる機器よりはいいにきまってますが(苦笑)。Net MD対応のPCソフトが、果たしてこれからいつくらいまでサポートされるのか疑問ではありますが、サポートされなくなる頃には、iPodとかHDDナビとか違うデバイスに鞍替えしてるかもしれないですから気にしないことに。まあ、Net MDでない通常のMDコンポと考えても、今ならコストパフォーマンス高いかなと感じました。

あるネット通販にて、「ES-7NET」よりは高いですが、お買い得感が感じられたのものを見つけ、思い切ってこのビクターのに決めました。まあ当初のMDラジカセ(のカセット付いてないやつ、て、もおいいか)よりは、予算アップになりましたが、ヨシとします。

で、13日注文したブツが、今日届けられました。いまから設置します〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イマサラMD、ソノ1

307CCの正規輸入モノには、Premium AVNというナビ標準搭載のグレードを除いて、1DINタイプのMDユニットが標準搭載されています。購入時期によって変更される可能性がありますが、私のはソニー製のMDX-M870Xという機種。

そうです、MDです。CDは付いてませんです、はい。
え〜、って感じです。私、MD機器持ってませんです、はい・・・。
カセットはさすがにないだろうと思いましたが、世の中は今でもMDなのでしょうか?? 正直この307CCへの標準搭載は「??」です。

まあ、事前に知っていたので、購入時に別機種に変更、または前のクルマに載せていたのを積み替えってのも考えたのですが、あえてしませんでした。スペック的にもまあまあのモノだったし、ステアリングコラムリモコンが使えるので・・・(現金な奴っ)。でも、さすがにFMだけだと寂しいです。なんとかしないとと考えたわけです。

CDチェンジャを付けるのは、貴重なスペースをなくしたくないという思いと、いまさら感があったので却下。ナビは値段的に、ユニット交換はさらに今更感があるので同じく。
本当は、iPodが第一候補だったんですが、設置と接続方法のスマートさに少しなあと。方法があるにはあるんですが、もう少し待ってみようと考えています。

で、結局今付いてるMDユニットをFMチューナーしか使わないのはもったいない、という結論に達し、MD録音機器を買う、という結論に達しました。まあ、今更MDぃ〜感は十二分にあるんですが、家で目覚まし代わりに使ってるFMチュナーしか使ってないCDラジカセ(それこそ何もってんだー)の代替も欲しいと思ってたんで、それも兼ねて買うならいいかなと落ち着きました。

(ちょっと書くの疲れたので、その2に続く・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメダ・・・

やっぱし黒は汚れが目立つ。と、いうわけで、まがいなりにもこまめに洗車するのが一番と決意した(というほど大げさなことじゃいけど)この面倒くさがりさんなのでした。

で、昨日も洗車した訳ですが・・・。雨ですね、今日・・・。

いやいや、実は雨の時こそ洗車したクルマと、そうでないクルマの違いがわかるんだー。と、ポジティブに考えてみる。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

「XYZ」インダッシュモデル

ソニー、HDDカーナビ「XYZ」にインダッシュモデルを追加(from AV Watch)

手軽に車から取り外し、PCと連携できるHDDナビゲーションシステム、ソニーの「XYZ」にインダッシュモデルが登場です。

いや、まあ、ナビは欲しいんですが、まだ様子見です、私は。はい。じゃあなぜこの記事を、というと、この記事の車載イメージの写真に使われているのが、307CCだったからです(笑)。ダッシュボードも革張りであるインテグラル・レザーでパランブロという内装色なので、モンテクリストかチャイナ・ブルーのPremiumでしょうかね??・・・と、ナビとは関係ない方に注目している307CCオーナーなのでありました。先立つものがあれば欲しいですけどね、ナビ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/12

オムライス

帰宅途中、クルマの中でFMをなにげに聞いていると、聞き慣れた浜ちゃんの声に槙原チックな曲調。そうです、浜田雅功と槇原敬之が歌うコラボレーション・ソング「チキンライス」です。浜ちゃんには、マッキーワールドの音程はちょっと厳しかったかな。でも正直、不覚にも(?)しびれまくってしまいました!

てっきりマッキーが詞も書いてるのかなと思いきや、作詞はなんと松っちゃんこと松本人志だと言うではないですか!!フジテレビ系音楽番組「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」がきっかけらしいので、すでにご存知ですよね。う〜ん最近見てない・・・。

うちは、七面鳥さえ出なかったですけど・・・。松っちゃんって、やっぱ人の心に響かす天才ですね。

「チキンライス」は、「浜田雅功と槇原敬之 」のユニット名で、2004/11/17発売予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/07

ハツセンシャ

さすがに一ヶ月放置してると、かなりの汚れが・・・。

一応コーテェングと塗装が定着するまで我慢していた、と言うのは言い訳でさぼってただけなのですが、やっぱし黒のボディはごまかしてくれません。というわけで、今日このクルマの初洗車。といっても、結局ノンブラシ洗浄マシンにかけただけなんですが・・・。いやはや、これからはこまめに洗うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

ショカイテンケン

我が新しいパートナー、307CCクンとの付き合いも無事に約1か月が過ぎ、総走行距離も1500キロを超えました。と言う訳で、今日は初回点検のためディーラーに行ってきました。

お決まりの、エンジンオイル、ドレンパッキン、オイルエレメントの交換と、あと、何点か気になったところがあったので、その辺を見てもらいました。


まず一つ目は、ブレーキローターに同心円上に無数の筋がいってしまってること。

CIMG1115.jpg

特にフロント側はひどく、見た目だけじゃなくて手で触ってもデコボコであるのがわかります。なぜそうなったかは不明ですが、これは全輪のブレーキパッドの面取りという対処をしていただきました。これで暫く使い続けていれば、ローター側もきれいに削れていき、筋は無くなっていくだろうとのことです。


二つ目は、フロントサスペンションのスプリングの先に付いている、ラバー(正確には何って言うのかわかりません)がめくれあがってきてること。

CIMG1116.jpg

どうやら、台座(これまた正確な名前知りません(笑))とスプリングの摩擦によるきしみ音を防止するために、ラバーが巻き付けられているものと推測します。ですがこのラバー、見てもらったところ、どうもテープで巻き付けられてるだけのようです。この辺は、やっぱラテンのクルマって感じです。
対処としては、めくれたところを除去する、もしくは新しいものに交換するなどになるみたいです。とりあえずめくれたところは除去してくれたみたいですが、交換となると作業が大げさになってくるので、今回は様子見です。今のところ嫌なきしみ音も聞こえてきませんし。
このきしみ音防止のラバー、どうやら他の207や(CCでない)307とかには、そもそも付いていない(?)らしいです。307CCは、これらのシリーズの中では一番重いからその対処のためでしょうか??でも、1500キロくらいでめくれあがってるようではねえ・・・。


三つ目は、表現が難しいのですが、1速に入れてじんわりとアクセルを開けていくと、1500回転くらいのところで、一瞬「ゴゴッ」と引っかかり音と、かすかなショックがあることです。
ある程度クルマが暖まってくるとその引っかかりも影を潜め、また普段の走行では特におかしいところはないのですが、少し気になります。多分エンジンではなくて、クラッチかミッション系からだと思うのですが。
ですが、やはりというか、やっぱし見てもらったのですが、その時にはそういう症状が現れなかったということでした。とりあえず、保留ということで・・・。しかしなんなんでしょ??納車時からそれは感じてたのですが。


四つ目は、バックソナーが、バックにギアを入れた時にずっと連続音で鳴りっぱなしになる時があること。
でも、これはどうやら雨の日に、雨水がソナーの前を流れ落ちるためにそれに反応していたようです。テスター点検でも特にエラーコードは吐き出されてなかったということですし、思い起こしてみれば確かに雨の日に起こってたかな?う〜ん。でも、それはそれでちょっとどうよ!?まあ、バックソナー搭載車は初めての経験なので普段はドア開けて後ろ直接見てるんですが(笑)。雨の日は(夜で雨とかは特に)バックソナーに頼りたいところ。そこで、ちゃんと機能してくれないと・・・。
鳴りっぱなしになる時に考えられるもう一つの原因として、ナンバープレートが邪魔をしてそれに反応する時だそうです。欧州では細長いプレートですが、日本ではご存知のように悪評のあの形ですからね。それがソナーの陰になるみたいです。一応、プレート取り付け時に少し斜めになるようにして、ソナーにかぶらないようにしてくれているんですが、それが甘いと鳴りっぱなしになってしまうとか。


まあ、幾つかはおかしいところもありましたが、総じてそんな致命的な不具合も発見されず、初回点検を無事終えました。

ということで、やっとシビアに回転数に気をやっていた慣らし運転は終わりです。
今日は気候もよく絶好のオープン日和。慣らし時によく通ったR307を流しに行きました。いやあ、できる限り3000回転以下で押さえていた時には感じられなかった気持ちよさ。これは楽しい!!
ちょっと長文すぎるので、また、おいおいその辺の細かい感想とかを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/04

オヤシラズ

ここ1〜2週間特にお風呂入って体が暖まると、親知らずが疼くようになってきました。それで、今日歯医者さんに行くことに。結局相談の上、思い切って抜いてきました。左上です。

親知らずを抜くのは今回2回目だったのですが、前回えらく時間がかかったもので、すごく覚悟していました。が、意外というか予想以上にあっさり簡単に抜けちゃいました。え、もう終わったの!?って感じです。聞くところによると、上の歯は比較的抜きやすいんだそうです。前回は右下の歯で、また変な方向に伸びていたのもあって時間がかかったのかもしれません。なんだ、こんなのならもう少し早く行ったらよかった。でも、とりあえず完全に血が止まり切るまでは、口の中血の味が抜けませんね。

親知らずは後2本残っているんですが、この2本が抜かれるのもそう遠い先ではなさそうです・・・。
ひ〜、なんで親知らずなんか生えてくるんだ!?ってか、子供の歯が生えてこなくて、いきなし親の歯、永久歯が生えてくるんだから、親じゃなくて子知らずなんじゃないのか〜と、よくわからんツッコミをいれて口の中の血の味をごまかす今この時間なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

カウントダウンライブ

青空レコードにて、「サークルKサンクスpresents 矢井田瞳 COUNT DOWN LIVE 2004-2005」が正式発表されました。

名古屋レインボーホールにて執り行われます。12月5日(日)が一般発売ですが、多分先行がいくつかのところであるんでしょうね。

そっか。一部でリークがあったので、どうだろうなと思ったんですが、名古屋ですか。

う〜〜〜ん。な、悩む!

過去2回ヤイコがおこなったカウントダウンには参加しましたが、やっぱし大晦日/正月は家族と家でまったり過ごそうかと思うので、今回は辞めておこうかと。名古屋というのも、ちと場所的に微妙かな。と、いいつつ買ってしまうかもしれませんが。まあ、そういう時は、だいたい入手できなくて、余計なお悩みでした、で終わってしまうんですが。

そもそも、東京/大阪ドーム両方行く予定だしな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »